30代になると仕事も環境も20代の時に比べて多きく変わります。

独身か結婚して夫婦になるかでも男性、女性で収入の差はつきますし、子供が生まれれば当然ながら支出も増える。(←トクする君が正にそう)

20代のように貯金に回せるお金が増える人と減る人の差もつくのが30代と言えるでしょう。

でも、30代の貯金の平均ってどのくらいなのか考える機会もなかなかなかったと思います。

老後の貯蓄も考え始める年代でもありますので、この機会に30代で必要な貯金の目安を知って早めに老後の備えを考えていきましょう!

スポンサーリンク

貯金の平均は30代の男女で差はある?

30代になると、社会人としてもだいぶお金に対する見方が変わってきますよね。

今後の人生の中で貯金に関して関心も出てきますし、結婚や出産、教育費用や早い人では老後に関するお金についても考えてくる年代です。

ではまず、30代の男性と女性で収入や貯金の平均的な金額はどのくらいの差があるのかについて、具体的な数字を見ていきましょう。

【男女別】30代の平均収入と貯金データ

平成27年度分の民間給与実態統計調査の調査結果によると、30代の平均収入は男女合わせて432万円という結果が出ています。

男女別で分けて見ていくと、

  • 30~34歳の男性:平均収入451万円
  • 35~39歳の男性:平均収入510万円
  • 30~34歳の女性:平均収入307万円
  • 35~39歳の女性:平均収入299万円

このような結果になっています。

一方、全国消費実態調査(平成26年度)による、独身の男女別で30代の貯金額の平均を調査した結果は

  • 男性373万円
  • 女性264万円

このような貯蓄額になっているという報告がありました。

男性と女性で金額に差があるのはどうして?

では、なぜ男性と女性でこのような金額の差が出てしまうのでしょうか?

一般的に考えられているのは、仕事における収入の格差ではありますが、実はそれだけではなく男性よりも女性のほうが浪費支出が多いということも理由としてみられるようです。

その証拠に浪費支出の割合を男女別に出したところ、男性65.8%で女性88.8%という結果になっています。

女性で最も多い浪費項目の中で、その他の消費支出が女性の場合には3万7,473円となっていて、男性よりも9,250円多く浪費していることがわかりました。

厳密に言えば、浪費というよりも女性の場合には男性よりも必要なものが多く(主に化粧品など)、消費せざるを得ない買い物が発生してしまう所が大きいようですね。

貯金の平均は30代は独身の方がやっぱり高い?

では、所帯を持っている夫婦の場合と独身の場合では貯金額はどのように変わるのでしょうか?

所帯を持っている夫婦の場合、平成27年度の各種世帯の世帯主の年齢別所得金額を見ると、30代の場合では一世帯当たりの平均所得は562.3万円で貯金額の平均は、404.1万円という結果が出ています。

一方、独身の貯金額の平均は男性373万円、女性264万円となっていますので、数字だけを見ると若干ですが所帯を持っている方が貯蓄額が上回っています。

しかし、実際には貯金が減ったという世帯が多く、その理由はやはり日常生活の支出が最も多く、子供も出来れば入学金や旅行での支出が増えます。

特に女性の場合は、独身時代とは違って出産や育児、子供の入学などで一時的に働けなくなったり、パートとして復帰する形で収入が減り、思うように貯蓄ができなくなってしまう場合が増えます。

また、住宅ローンなどを抱えている場合には、やはり貯金額は独身自体に比べると少なくなってしまうのが現実のようです。

とはいえ、出産後に子供が大きくなると女性も働ける時間が増えるため、30代後半になると共に徐々に貯金額が増えていく傾向から30代全体の平均額をならすと先程のような数字に落ち着くというわけです。

スポンサーリンク




老後を考えると目標貯金額は30代の内にいくら必要?

では、老後のことを考えた貯蓄の場合、30代でどのくらいの貯金があれば安心できるのでしょうか?

これって非常に気になる所ですが、その前にまず、トータルでどれくらいの金額が必要なのかを理解していきましょう。

65歳以上で必要なお金は生活費だけで約3,000万円あれば良いと言われています。

この金額を30歳から60歳まで貯金していくと考えると、年間で100万円の貯蓄が必要になります。

ただその前にも必要なお金はたくさんあるわけで、定年までに少なくとも5,000万円もの金額が必要になると言われています。

そう考えると、年間で170万円貯金しなければならない計算になりますね。

30代でいくら貯金しておけば安心なの?

では必要金額はわかった所で本題に戻って、30代でどのくらい貯金をしておけば安心なのか。

生活環境にも当然違いますが、安心できるレベルの金額としては30代後半で600万円の貯金が必要と言われています。

しかしながら、独身ならまだしも10年間で600万円も貯蓄が難しいのが現実ではないでしょうか。


30代は大きなお金が動く前の年代になるため、比較的貯金がしやすい時期だと言われています。

しかし、職種や世帯の状況などにより、全く貯蓄ができてない場合もあるため、平均金額を見てしまうと、焦りを感じますよね。

ただ、半分の300万円を目標とし、月に2~3万円程度をコツコツと貯めていく姿勢がとにかく大事。

まずは支出で無駄が本当にないかを見直すことからはじめて上手に貯金をしていきましょう。

スポンサーリンク