ボウリングって、みんなで気軽にできるスポーツとして、今も昔も根強い人気ですよね。

ちなみに表記は「ボーリング」ではなく、「ボウリング」です^^;

ボーリングと書くと土木技術の掘削作業の意味になってしまいますからね。(前者で検索される方が多いので、注釈しておきます)

それはさておきで、会社帰りや週末などに「ちょっとボウリングいこうか?」なんてことも多いですよね。

あるいは、忘年会や歓送迎会といった節目の場面でもボウリングはいまだ根強い人気です。

そんな時に格好良くハイスコアを出せたらなあ・・・と思っていらっしゃいませんか?

実はトクする君ですが・・・

実は、最高スコア248を出したこともあるアマチュアボウラーなんです( ̄ー ̄)ニヤリ

そこで今回はボウリングの投げ方のコツについて詳しくまとめてみましたので、ぜひご参考ください!

スポンサーリンク

ボウリングの投げ方の基本!抑えておきたい動作の5つのポイント

bowling-how-to-throw

スポーツは何でも基本が大事。ボウリングも全く同じく基本に忠実であることが上達のコツです。

ボウリングの投球動作で抑えておくべきポイントは5つ

投げるまでにパタパタと細かく足数を重ねる方がいますが、

実は、5歩で投げる動作のすべてがきまります!

この5歩の動作中に以下の5つのポイントを意識することがボウリングの投げ方の基本となります。

ボールを左手(左利きは右手)を添えて胸の位置にボールを構え、

1歩目の足は右から(左利きは左足から)、そして順に以下の流れで投げていきます。

① 1歩目で両手を前方(肩のちょっと下あたり)に差し出します。

②-1 2歩目で左手の支えをはずし、ボールを後方に移動させます。

②-2 腕はボールを肩と同じくらいの高さまで後方に持っていきます

③ 3歩目・4歩目で後方いっぱいに振りあげたボールを振り子のイメージで、前方に持っていきます。

④ 最後の一歩である5歩目で床にボールが接地したところで指を離します(リリース)

⑤ ボールが離れた後も腕を止めようとせず、そのまま振り子の法則で腕を耳の高さまで持っていきます。

無理に力を入れずにボールの重みを利用して振り子のようなイメージで上記の動作を意識すると上手く投げることができます。

また、投げる時の目線は足元でも、ピンでもなく、常にレーンにある黒い三角点(スパット)を常に見るようにすると身体のバランスも安定します^^

スポンサーリンク




ボウリングの投げ方の種類を知ろう!

ボウリングの投げ方って、大きく分けて3種類あります。

技術的な問題はさておいて、投げ方の種類と特徴をまずは見ていきましょう。

①ストレートボール

親指をまっすぐ上に向け、そのまま親指が投げ終わるまで曲がらないようにしながら投げる方法です。

1ピン、2ピン残しのスペアを確実に狙う時に有効な投げ方ですね。

進行方向に回転がかかるので、ボールが投げた方向にまっすぐ進み、狙いたい場所にボールを投げることができます。

【ストレートボールを投げるコツはこちらで詳しく解説】

ボウリングでまっすぐ投げたい!ストレートボールは【リリース後】がコツ

②フックボール

親指を10時の方向に向け(左利きなら2時の方向)、そのまま角度を変えずに投げる方法です。

野球で言う所の、外側から内側へと曲がるカーブの軌道を描く投げ方。

中指と薬指をボールから手が離れる瞬間にピンの方に押し出すようにして投げると、よりボールの軌道に角度がついてピンが倒れやすくなります。

【フックボールを投げるコツはこちらで詳しく解説】

ボウリングの球にカーブをかけるコツ【フックを覚えてストライクを量産!】

③バックアップボール

親指を2時の方向(左利きは10時の方向)に曲げたまま投げる方法。

フックボールと逆のシュート回転をかける投げ方です。

こちらは初心者の場合手首に負担がかかってしまいやすいので、遊び程度のボウリングには向いていませんね。

また、女性や力の弱い人は、自然とボールの重さに腕が負けて手首がねじれている可能性がありますので注意してくださいね。

【バックアップボールを投げるコツはこちらで詳しく解説】

ボウリングでシュート回転をかける!バックアップボールの投げ方とコツ


どんな種類のボールを投げる時も5つの基本動作は同じです。

これだけをしっかり頭の中に入れておくと、上達スピードは全く違ってくるのでぜひ試してみてくださいね。

会社の行事などでも、ボウリングをする機会も多いかと思います。

そんな時にしれっと高スコアを叩き出せるように、これを機に密かに練習を積み重ねてみてはいかがでしょうか。

それでなくとも一人ボウリングはストレス発散にもおすすめですので、練習ががてら、今日の仕事終わりに早速GO^^

スポンサーリンク