就職活動で必ず必要となる履歴書ですが、

最近では、ちゃんと「西暦早見表」が親切についてくるものも多くてありがたいですよね。

でも、早見表がついているものばかりではありません。

自分が生れたのは○○年だから、この会社に入ったのは、、、あれ???

転職歴が多い中途採用なんか特に大変ですよね。。汗

履歴書を書く以外でも、厄年や還暦、七五三で年中行事の時も、

西暦や年号、さらには干支なんかもパッと知りたい!

そんな時って、生活の中で結構ありませんか?

あなたは正に今、何かしら必要に迫られているからこそ、この記事に辿り着いたことと思います。

そこで、今回は西暦や年号を調べる際のコツや今すぐ役立つ情報を詳しくご紹介していきます!

スポンサーリンク

1945年~2020年までの西暦・年号干支の一覧表はこれだ!

おそらく今この場で訪ねても10人に3人は答えられないことといえば、

平成元年って西暦で何年?

昭和って何年までで、それは西暦何年?

こうした西暦と年号(和暦)の変換ですよね。

日本語から英語への翻訳では、当然ながら和暦を西暦に変換しなければなりません。

ほんと「西暦=年号(和暦)」の変換場面は多様にしてあります!

そんな時わざわざ検索せずとも、このページをブックマークしておけばOK!

と思っていただけるように、1945年~東京オリンピックが開催される2020年までの「西暦早見表」を作成しました。

西暦年号(和暦)干支
1945年昭和20年酉年[とり]
1946年昭和21年戌年[いぬ]
1947年昭和22年亥年[いのしし]
1948年昭和23年子年[ねずみ]
1949年昭和24年丑年[うし]
1950年昭和25年寅年[とら]
1951年昭和26年卯年[うさぎ]
1952年昭和27年辰年[たつ]
1953年昭和28年巳年[へび]
1954年昭和29年午年[うま]
1955年昭和30年未年[ひつじ]
1956年昭和31年申年[さる]
1957年昭和32年酉年[とり]
1958年昭和33年戌年[いぬ]
1959年昭和34年亥年[いのしし]
1960年昭和35年子年[ねずみ]
1961年昭和36年丑年[うし]
1962年昭和37年寅年[とら]
1963年昭和38年卯年[うさぎ]
1964年昭和39年辰年[たつ]
1965年昭和40年巳年[へび]
1966年昭和41年午年[うま]
1967年昭和42年未年[ひつじ]
1968年昭和43年申年[さる]
1969年昭和44年酉年[とり]
1970年昭和45年戌年[いぬ]
1971年昭和46年亥年[いのしし]
1972年昭和47年子年[ねずみ]
1973年昭和48年丑年[うし]
1974年昭和49年寅年[とら]
1975年昭和50年卯年[うさぎ]
1976年昭和51年辰年[たつ]
1977年昭和52年巳年[へび]
1978年昭和53年午年[うま]
1979年昭和54年未年[ひつじ]
1980年昭和55年申年[さる]
1981年昭和56年酉年[とり]
1982年昭和57年戌年[いぬ]
1983年昭和58年亥年[いのしし]
1984年昭和59年子年[ねずみ]
1985年昭和60年丑年[うし]
1986年昭和61年寅年[とら]
1987年昭和62年卯年[うさぎ]
1988年昭和63年辰年[たつ]
1989年昭和64年巳年[へび]
1990年平成2年午年[うま]
1991年平成3年未年[ひつじ]
1993年平成5年酉年[とり]
1994年平成6年戌年[いぬ]
1995年平成7年亥年[いのしし]
1996年平成8年子年[ねずみ]
1997年平成9年丑年[うし]
1998年平成10年寅年[とら]
1999年平成11年卯年[うさぎ]
2000年平成12年辰年[たつ]
2001年平成13年巳年[へび]
2002年平成14年午年[うま]
2003年平成15年未年[ひつじ]
2004年平成16年申年[さる]
2005年平成17年酉年[とり]
2006年平成18年戌年[いぬ]
2007年平成19年亥年[いのしし]
2008年平成20年子年[ねずみ]
2009年平成21年丑年[うし]
2010年平成22年寅年[とら]
2011年平成23年卯年[うさぎ]
2012年平成24年辰年[たつ]
2013年平成25年巳年[へび]
2014年平成26年午年[うま]
2015年平成27年未年[ひつじ]
2016年平成28年申年[さる]
2017年平成29年酉年[とり]
2018年平成30年戌年[いぬ]
2019年平成31年亥年[いのしし]
2020年平成32年子年[ねずみ]

この「西暦早見表」はおまけとして日本の干支付きです。

いやいや、いらないでしょう、と思いきや、

今年は何どし?来年は何だっけ?と年末年始に必ずといって飛び交いますよね。

十二支をスラスラ言えたら、なんだかカッコいいところもありますし。(←そう思うのはトクする君だけかもですが 汗)

ぜひ、この西暦早見表を重宝頂ければ幸いです。

スポンサーリンク




一覧表を見返さなくても実は簡単に年号・西暦を出す計算法がある!

さて、西暦、年号でわからない時は、この「西暦早見表」を見て頂ければバッチリですが、

その時間すらももったいない!というあなたなら、

西暦と年号を変換する簡単計算式を覚えておくと便利

その計算式を以下でお教えしましょう( ̄ー ̄)ニヤリ

西暦を年号(和暦)に変換する計算式

大正:調べたい西暦の(下2ケタ)-11

昭和:調べたい西暦の(下2ケタ)-25

平成:調べたい西暦の(下2ケタ)+12

具体例として、

1964年は昭和何年と調べたい場合には、

64-25=39なので、昭和39年

とあっという間に計算することができます。

ちなみに何故、昭和が25なのは「1926-1=25」

つまり1926年が昭和元年だから、その差です。

年号(和暦)から西暦に変換する計算式

大正:調べたい年号(和暦)+1911

昭和:調べたい年号(和暦)+1925

平成:調べたい年号(和暦)+1988

こちらも具体例をあげますと、

昭和39年を西暦何年か調べたい場合、

39+1925=1964年

と1925を足せば知りたい西暦が一発で出てきます。

この計算式さえ手帳などに書いておけば、簡単に変換することができますよ。

年齢にまつわる「あ、これなんだっけ」に関する豆知識

year-chart

生れた年が出てくれば自然と年齢に結びつきますが、

満年齢とちょっと疑問な数え年(かぞえどし)

これってどう違うのか、大人になった時に調べることって多くないですか?

満年齢とは、

普段、わたしたちが年齢を表現する時に用いる年齢のこと

つまり、生まれた年は0歳で生後1年経つと1歳、生後2年経つと2歳という数え方をします。

「満何歳ですか?」は「何歳ですか?」と同じことです。「満」がついていてもドキっとしなくて大丈夫です^^

では、数え年(かぞえどし)はどうでしょうか?

生まれた年を1歳として数えて、生まれてから1年経つと2歳、2年経つと3歳という数え方

こちらがやや複雑になりますが、「数え年」と「満年齢」では、常に数え年の方が満年齢より1つ年が上になると覚えておきましょう。

この数え年といえば、厄年に使われるイメージがほとんどですが、

その他、日本に古来から伝わる行事、日本古来の長寿のお祝い、七五三や年祝いなども使われます。

昔は数え年が一般的であったことから、このようなお祝いについては、数え年が基本となっています。

また、大人にとっては当たり前の認識である「早生まれ」と「遅生まれ」

小学生は結構混乱しますよね^^;

学年では「遅い」のに何故、「早生まれ」というのか不思議でしたよね。

じゃあ、早生まれと遅生まれがなぜ4月1日と2日で区切られているのか?

これって答えられますか?

切りがよく3月31日と4月1日で区切れば分かり易いのに、と私も昔、子どもながらによく感じていましたが、

これは、

年齢は誕生日の前日の午後12時に加算されるもの

という法律が定められているため、4月1日生まれは3月31日と前年度にカウントされるからなんですね。

ちょっとややこしい区切りになってるいるんですが、知っておきたい豆知識ですね^^


このように、なんとなく知っているつもりでも、

いざ、聞かれると、戸惑ってしまう「年齢」の疑問。

年齢に関することって必要な場面が多い割に毎回調べてしまうもの。

そんな時は、ぜひこの記事をすぐ見返せるようにして頂ければ嬉しいです!

スポンサーリンク