ランドセルのリメイク17選!自分でする?プロの工房に頼む?

振り返ればたった6年間だけど、子供にとっては思い出のつまった小学校6年間。

その全てが詰まっているといって良いランドセル。

そのため、使わなくなった後にランドセルって、どうしたら良いか悩むお母様方は多いですよね。

ランドセルの処分方法を色々調べてみると、

  • 寄付した
  • オークションで売った
  • 親戚の子供に譲った

など、皆さん出来るだけどうにかしたいという気持ちが伝わります。

個人的にも思い出の詰まったランドセルを処分するのは気持ち的にちょっと複雑だな、なんて思っていました^^;

でも、最近では使わなくなったランドセルをリメイクして、長く愛用するという方法でランドセルを大切に使っていく人が増えているのを知りました。

そこで今回はは、ランドセルのリメイクについて自分でできる方法やプロの工房に頼む方法まで詳しく調べてみることにしました。

スポンサーリンク

ランドセルはどんな物にリメイクできる?

子供の6年間の思い出が詰まったランドセルですが、これをリメイクすると、どんなものができるのでしょうか?

ランドセルをリメイクできるものを出来る限り調べて見たところ今回17種類を見つけることができました。

1つ1つ見ていきましょう。


◆バッグ

ランドセルって、とても高価なものですし、素材もとても良いものですよね。

今は刺繍が可愛いランドセルもあるため、刺しゅう部分をバッグにリメイクするのもおすすめです。


◆財布

しっかりした素材で作られるお財布は、何年でも長く使えます。

長財布や二つ折りの財布などにリメイクして、オリジナルのお財布にして毎日使えるのも素敵ですね。


◆コインケース

ちょっとしたコインケースが欲しいな・・・でも、特別な1点が欲しい。

そんなときには、思い出の詰まったランドセルをコインケースにして、持ち歩いてみてはいかがでしょうか?


◆通帳ケース

お子さんの貯金通帳を入れる通帳ケースにリメイクして、いつか大きくなったお子さんに手渡してあげるのも素敵ですね。


◆スマートフォンケース

ランドセルでスマートフォンケース?と、ビックリするかもしれませんが、丈夫で長持ちするスマートフォンケースが作れちゃうんです。

お財布やバッグとお揃いで作るもの素敵ですね。


◆小物トレイ

ずっと長く愛用したい、お子さんの机における小物入れが欲しい。

そんなときは、ランドセルを小物トレイにリメイクして、リビングやお子さんの机に置いておくのも良いですね。


◆ブックカバー

本が好きな人にはブックカバーにリメイクするのがおすすめです。

私も本が好きなので良くブックカバーを作るのですが、使い込むうちに手に馴染んでくれる革のブックカバーは本当に使い心地が良いです。


◆キーホルダー

お子さんや、ご家族でランドセルキーホルダーにアレンジして持ち歩くのも素敵ですね。

シンプルなデザインから可愛いデザインまで作れますので、お好みのキーホルダーにしてみてください。


◆パスケース

実用的なパスケースは、学生時代から社会人になっても長く使うアイテムです。

長く愛用したい場合には、パスケースがおすすめです。


◆名刺入れ

お子さんが社会に出たとき、お父さんやお母さんの仕事で使う場合におすすめなのが、名刺入れです。

会社勤めになると名刺入れは必需品ですし、ランドセルをリメイクして作られた名刺入れは話題になるかもしれませんね。


◆キーケース

毎日使う小物の一つであるキーケースは、ひそかにオリジナルのデザインで持っておきたいアイテムではないでしょうか?

私も、お気に入りのキーケースを、もう15年近く愛用していますが、まだ飽きません。

飽きのこないデザインで作られた、世界に一つしかないキーケースは非常におすすめです。


◆ペンケース

日常で長く愛用できるペンケースは、学生でも社会人になっても必需品です。

使い込まれたペンケースは本当に使い安いため、とてもおすすめです。


◆手帳カバー

スケジュール帳を持ち歩くタイプの場合には、手帳カバーにリメイクするのもおすすめです。

とくに、社会人になるとスケジュール管理をしっかり行わなけらばならないので、オリジナルの手帳ケースはちょっとした自慢になりますね。


◆写真たて

お子さんの卒業式の写真や、思い出の1枚をオリジナルの写真たてで飾るのも素敵ですね。

ランドセルをリメイクした写真たてをリビングに飾っておけば、それだけで懐かしい思い出になります。


◆シザーケース

シザーケースって便利ですが、個性を感じさせるものを購入するのは難しいですよね。

でも、ランドセルのリメイクで作ったシザーケースなら、世界に一つだけの個性的な1品になります。

持っていて非常に便利なアイテムなので、おすすめですよ。


◆ベルト

男女関係なくベルトを使うことは多いと思います。

普段使いに非常に便利な革のベルトをランドセルで作るのも素敵です。


◆ミニランドセルケース

非常に人気が高いのがミニランドセルケースです。

どんなものなのかと言いますと、ランドセルの形をそのまま残したミニチュアサイズのランドセルのことなんです。

思い出をコンパクトサイズで残してくれるため、とてもおすすめのアイテムですよ。


このように、たくさんのリメイク法があることがわかりました。

ランドセルって正直なところ6年間使った後でもまだまだ使えそうなくらい丈夫な素材でできてるんですよね。

そのため、普段使いの実用性のあるものとしてリメイクしやすいというメリットがあります。

せっかく入学祝でもらったのに、使わないのはもったいない。

ランドセルって素材が良いから捨てるのはちょっと気が引ける・・・。

それなら、使い終わったランドセルを今度は実用的なものにリメイクすることで、中学・高校以降、そして社会人になってからも使えるようにリメイクしましょう。

ライドセルのリメイクを自分でするなら!

さて、ランドセルに色々なリメイク法がある事はわかりました。

ただ、ランドセルのしっかりした素材をリメイクするのってちょっと難しそうですよね。

出来れば、自分でリメイクできるならやってみたいと思うのですが、さすがに無理かな・・・。

と思ったんですが、実はキーホルダーやコインケースくらいなら自分で作ることがわかりました。

ランドセルをキーホルダーにリメイクする方法

ランドセルは基本的には薄い革に様々な芯が入っている構造になっているため、切り離すことさえできれば素人でもある程度のリメイクは可能です。

ここでは手芸が苦手な場合でも簡単に作れるランドセルリメイクのキーホルダーの作り方をご紹介します。

(必要なもの)

・はさみ(レザークラフト用または手芸用)

・糸切はさみ

・革ひも(ランドセルのカラーに合わせて好きな色を選んでください)

・目打ち(レザークラフト用のものでも手芸用でもかまいません)

・使わなくなったランドセルの「かぶせ」部分

・お好みの装飾パーツ

ステップ1:ランドセルの解体方法

ランドセルは、基本的に糸で縫い付けられています。

つまり、欲しいパーツ部分の糸を切り離してしまえば、簡単に解体することが可能です。

一番使いやすいパーツは「かぶせ」の部分なので、ランドセルのかぶせの一番上から順番に糸を切っていけば、取り外すことができます。

こうやって解体していくと、ランドセルに使われている革部分は本当に薄く、ランドセル自体は様々な素材の芯で丈夫に作られていることがわかります。

ステップ2:キーホルダーの作り方

①解体したランドセルの「かぶせ」を好きな形に切り取る

ランドセルの「かぶせ」部分を取り外したら、好きな形に切り取る作業からはじめます。

もしもレザークラフト用の型抜きをお持ちの場合は型抜きで、なければ自分で好きな形にはさみで切っていきます。


②均等に目打ちで穴をあけていく

革ひもを通す穴を開けていきます。

切り取ったパーツの側面から少し間隔を開けて、革ひもを通したい場所に穴をあけていきます。

パーツの上部には、キーホルダーを鞄につけるために通す穴を大きめに開けておきます。


③穴が開いたら、革ひもを通す

革ひもの通し方はお好きな方法で大丈夫なのですが「巻きがかり縫い」と呼ばれる手芸で有名な方法がおすすめです。

パーツ上部に10センチ程度革ひもを残して、順番に穴に通していきます。

最後に、革ひもの通し始め部分にもう一度革ひもを通します。

この時、お好みのビーズなどを通しても可愛いですね。


④通した革ひもをひとつに結ぶ

革ひもを通し終えたらひとつに結び、これでキーホルダーの土台が完成です。


⑤装飾パーツを付けていく

キーホルダーの土台につけるパーツは、色違いのレザー端切れで作ったパーツでも、刻印を入れるときに使うスタンプでも構いません。

ご自身の思うように作られるのが一番楽しいと思いますし、手作りの思い出が残ると思います。

ランドセルのリメイクをプロの工房に頼む方法もアリ!

手作りでランドセルをリメイクするのも良いですが、どうせだったらリメイクのプロの工房に頼むのも1つの方法です。

ここでは、ランドセルをリメイクしてくれる代表的なお店を3つご紹介します。

革専門店SNAKER

店舗HP:http://snaker-h.webnode.jp/

一律2万5,000円でランドセルのリメイクをしてくれる革専門店です。

2万5,000はちょっと高いかも・・・なんて思いますが、このお店でリメイクをお願いすると、ランドセル一つから5つまでリメイクをして、2万5,000円と言うお値段になるのです。

このお店では、主にランドセルの「かぶせ」部分を使用してお財布やキーケースなどを作成してくれます。

ただ、人気が殺到しているため、製作期間が2年待ちという状態になっているため、製作完了までに時間が掛かってしまいます。

カナーズ・ジャパン

店舗HP:http://canars.jp/

800円~ランドセルリメイクを行ってくれるお店なのですが、個人的におすすめなのがランドセルをリメイクして作ったバッグです。

小物も可愛いですが、ランドセルからこんなに素敵な鞄が作れるなんて驚きますよね。

また、このサイトでは実際に依頼した方の声や、どんなものを作ったのかを見ることができるため、ランドセルをリメイクしたいけど、どんなものにリメイクしよう・・・と悩んでいる場合にはイメージが固まりますよ!

鞄工房ASKAL

店舗HP:https://www.rakuten.ne.jp/gold/kabankoubouaskal/

楽天市場などの利用しやすいショップから探している場合には、こちらの工房がおすすめです。

リメイクの金額も安く、気軽に注文できるメリットもありますし、ランドセルリメイク5点セットのセット内容が選べるのが特徴です。

追加オプションでミニミニランドセルが作れてしまうのも、魅力的です。

複数の小物を安くリメイクしてほしいという場合には、おすすめの工房ですよ。


使わなくなったランドセルをリメイクして、思い出をそのまま残すのは本当に凄い発想ですよね。

トクする君の嫁も、今回を機に息子が小学校を卒業したら、バッグや小物にリメイクして使い続けたいと思ったそうです^^

ランドセルのリメイクは、基本的にどの工房でも同じような内容のリメイクになりますが、工房によってデザインに差があったり、お値段に差があったりと色々あります。

そのため、価格とデザインなどを比較しながら、ご自身の好みの工房に依頼するのがおすすめですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ