毎年、3日間で約180万人以上の人が浅草で溢れかえる日本を代表する祭りの1つとされる浅草三社祭。

ここでは、今回の浅草三社祭に行こうと思っているあなたに2019年の全日程をお届けします。

また、この浅草三社祭がどんなお祭りなのか知らない人にもしっかり見どころをお伝えしていきますので是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

まずは浅草三社祭2019年の日程を知ろう!

それでは早速、2019年の浅草三社祭がいつ開催されるのかについて確認していきましょう。

浅草三社祭は毎年5月の第三金曜日・土曜日・日曜日と決まっています。

そのため2019年の日程は、5月17日(金)、18日(土)、19日(日)の3日間になります。

2019年の詳細な日程はまだ決まっていないので、昨年の内容を参考にまとめています。

最新情報が更新され次第、修正します。

2019年(平成31年)の浅草三社祭の日程

<5月16日> ※前日の儀式

19:00~ 本社神輿神霊入れの儀

<5月17日>

13:00~ 大行列

14:20~ びんざさら舞奉納(社殿)

15:00~ びんざさら舞奉納(神楽殿)

15:30~ 各町神輿神霊入れの儀

<5月18日>

10:00~ 例大祭式典

正午~ 町内神輿連合渡御

16:00~ 奉納舞踊(神楽殿)

17:00~ 巫女舞奉奏(神楽殿)

<5月19日>

6:00~ 宮出し・本社神輿各町渡御・宮入り

宮入り後 本社神輿御霊返しの儀

14:00~ 巫女舞奉奏(神楽殿)

15:00~ 奉納舞踊(神楽殿)

16:00~ 太鼓奉演(境内)

【お祭り広場】

11:00~18:00まで雷門通りから馬車通りにて開催

全日程はこのようになっています。

では、3日間の内でどこに足を運んだらよいのでしょうか。

それを決めるために次は浅草三社祭の見どころについて見ていきましょう。

浅草三社祭とは?由来や歴史から見どころを知ろう!

浅草三社祭をおこなう浅草寺の歴史は飛鳥時代682年まで遡ると言われています。

檜前浜也(ひのくまのはまなり)・竹成(たけなり)という兄弟が江戸浦で魚獲りをしていた時に網をあげるとたまたま人像がかかってしまったそう。

海に捨てて何回網を入れ直しても、この同じ人像がかかってしまう為、不思議に思って持ち帰ることにしました。

そして、その人像を土師中知(はじのなかとも)という官吏に見せたところ「聖観世音菩薩」という事が判明しました。

後日、土師中知が自宅を寺に改築して聖観世音菩薩を祀った事から浅草寺が始まりまったんですね。

それから約600年の時を経た1312年からこの本尊を見つけた3人の事を祀る名目で「三社祭」と言われるようになったようです。

ただ正式に浅草三社祭として開催されるようになったのは明治に入ってからの事で、正式名称は「浅草神社例大祭」と言われています。

浅草三社祭の見どころは

さて、そんな歴史のある浅草三社祭ですが、見どころは果たしてどこなのか。

大きく分けるとびんささら舞と神輿の2つになります。

びんささら舞とは?

5月第三週の金曜日に浅草神社にて行われる五穀豊穣を祈願して行われる田楽の一種である無形文化財に指定されている舞です。

現在は浅草神社まで浅草の街を練り歩きながら大行列をするので、この時に最初の混雑のピークを迎えます。

100基の神輿が町内を渡御

そして、浅草三社祭の最大の見どころは何といっても神輿!

浅草寺本堂の裏広場に集結した約100基の神輿が順番に各町会を練り歩きます。

日程的には2日目の正午あたりからはじまります。

さらに最終日の日曜日は本社神輿の3基が午前6時~約半日に渡って全ての町会を渡御します。

初めて参加する方は、この3日目の神輿のタイミングに合わせてスケジュールを組むといいかもしれませんね^^

スポンサーリンク




浅草三社祭に行く際には注意!アクセス方法と交通規制について

毎年3日間で180万人が浅草の町に集結しますので、その混雑たるやある程度覚悟はしておきたいところです。

そのため、浅草三社祭へのアクセスと交通規制情報についてまとめておきましょう。

★鉄道★

東武スカイツリーライン→浅草駅:徒歩5分

東京メトロ銀座線→浅草駅:徒歩5分

つくばエクスプレス→浅草駅:徒歩5分

都営地下鉄浅草線→浅草駅A4出口:徒歩5分

★バス★

都営バス・京成タウンバス・台東区循環バスめぐりん

★交通規制★

3日めの雷門通り・馬車通り・並木通りが規制されます。


本格的な祭シーズンの皮切りとも言える浅草三社祭。

日本全国だけでなく近年は海外からも多くの観光客が訪れることでも有名です。

本当に初めていった方は混雑っぷりにビックリすると思いますので、必ず日程をチェックして出かけてくださいね!

スポンサーリンク