もう何十年も流行り廃りなく続く小学生の必需品であるランドセル。

今やじいちゃん、ばあちゃんが可愛い孫のために購入するのは机かランドセルかという二者択一。

トクする君も小学生に上がった息子のために、じいちゃんがランドセルを買ってくれました^^

頼む側としても、子供の意見を尊重しつつ6年間使用する耐久性の問題なども考えてしまうもの。

そこで今回はランドセルを購入するタイミングから、その選び方まで徹底的にリサーチしてみました!

スポンサーリンク

2019年新型のランドセルっていつ買えばいいの?

landosel2

まずは、新型ランドセルの購入時期について、どのタイミングで購入するのがベストなんでしょうか?

あまりに早く買いすぎると子供の好みが変わらないか心配だし、遅れてしまうと好みのものが売り切れてしまうしと、結構悩みますよね。

2012年頃までは平均して10月に新型ランドセルの需要がピークを迎えていましたが、年々早くなっています。

最近ではメジャーブランドの次年度の新型モデルの発売が4月~5月には開始され、7月には購入時期のピークを迎えるようになってきました。

毎年人気ブランドのランドセルは1ヶ月~2ヶ月ほどで売り切れてしまうため、6~7月というタイミングを1つ逃さないようにするのがポイントです。

ランドセルを選ぶポイントは?

ブランド物というだけでなく、親がしっかりとチェックするべきこととして重要なのは、

ランドセルの総重量です。

6年間使用する耐久性がきちんとあるか、バランスのいい品質のランドセルを選び抜くためにランドセルの軽さというのがポイントとなってきます。

カラーについては男女差がありますが、

●男の子は、定番の黒や紺、青が人気

●女の子には、赤やピンク、パープルにブラウンと多色

その上で、背負いやすく快適か、さらには安全性はちゃんとしているいかといった要素をチェックしていきましょう。

子供は汗をよくかきますので、背負ったときに夏場に蒸れないパッドを使用しているか、などの通気性も大切です。

安全性としては、登下校の際に欠かせない、光る機能も最近では外せないですよね。

ランドセルの冠部分、さらには肩ベルトなど前方からでも目立つ工夫が、最近のランドセルの中にはあります。

防犯ブザーをひっかけるフックも近年は必須ですね。 最近は物騒ですから、防犯対策はたくさんできるに越したことはありませんね!

また、最近は教科書のサイズ変更があった影響で、入学以降に教材が収まらないトラブルも発生していますので、

購入するときには製造された時期(何年度入学モデルなのか)を忘れずに確認しておきましょう!

スポンサーリンク




2019年度の新型ランドセルの人気ブランド

これらを踏まえた上で、2019年モデルで需要が高いと予想されるランドセルを紹介していきましょう。

ぜひ、選ぶ際に参考にしてみてくださいね(^o^)

▼メゾピアノ

こちらは言わずと知れた女の子に人気のランドセルブランドです。

売り切れ必至のランドセルですが・・・とっても高いです(汗)

でも高いだけあって、デザインは女の子の心をくすぐるようなリボンやハートモチーフが多用されていてとてもかわいいです。

昔はブランドなんて気にしていませんでしたが、最近では予約をしてまで手にいれたいという方々が多いようです。

気になる方は予約をかならずしないと気づけば入手不可能となりますので余裕を持ってチェックしてくださいね!

▼フィットちゃん

こちらのランドセルはお値段も定番ほどで、色も6種類あります。

またA4サイズのものも入りプリント類を折らずにいれることができますね!

デザインも女の子向けではありますが、とてもかわいらしいです。

▼天使のはね

こちらもCMでお馴染み、昔からあるのでご存じの方も多いかと思います。

天使のはねの押しの機能である、肩ベルトに工夫がされていて、重さの負担を軽減させてくれます。

▼アイレットパンチ

こちらはどちらかといえば男の子用です。色合いも黒だけではなく、おしゃれなダークカラーが揃っています。

しっかりとした素材ですので、乱暴に扱っても大丈夫そうですね。

▼ Pretty Princess

こちらは女の子用ですがとてもお手頃ですし、デザインもとても可愛らしいですよ!

ランドセルって高い・・とお悩みの方におすすめです!

あとがき

ランドセルって、まだ子供の判断ができない年の頃に決めなくてはいけない物なので選び方に悩むものですよね。

ましてや、6年間背負って学校に行くわけですから、その時の流行りだけで決めるのは絶対にNGです。

それよりも、耐久性や機能性重視で選んだほうが長い目で見て良かったと思えるのは確かです。

トータルで考えて、お子様のランドセル選びの考え方を、今一度見なおしてみてくださいね!

スポンサーリンク