成田空港のアクセス方法が丸わかり!行きたい手段の情報を詳しく解説!

海外と日本をつなぐ玄関口としてのイメージが定着している成田空港。

羽田空港よりも利用する頻度は少ないために、いざその時になったら、成田空港までどうやって行くのがよいか。

「車?バス?電車?」と、自宅から出来るだけスムーズなアクセスを知りたくなりますよね。

そこで、今回は成田空港への各アクセスについて詳しく解説して参りたいと思います!

スポンサーリンク

車で行く!成田空港へのアクセス

naritaairport-access

車で成田空港へ行く場合、どの方面から向かうかにもよりますが、

高速道路、一般道路のそれぞれで「渋滞しやすい場所と時間帯」があります。

逆にそこを押さえれば、フライトの時間から逆算して余裕を持って出発できますので、その辺りを中心に見ていきましょう。

高速道路を利用する場合

東関東自動車道を利用して空港に入るには、成田JCTを経由して成田ICを通り、新空港自動車道を通って空港に向かいます。

第一ターミナルに行く場合には第一ゲート、第二、第三ターミナルに行く場合には第二ゲートを利用し、各ターミナルに向かいます。

フライト前に心配なのは、高速道路が渋滞して時間通りに空港に着かないことですね。

京葉道は渋滞が起こりやすいのに対して、東関東自動車道は比較的渋滞が起こりにくい道と言われていて、

年末年始も多少の混雑が起こることはあっても、事故でも起こらない限りは滅多に渋滞しないそうです。

ルートにもよりますが、予め混雑する時期であれば、距離は遠くなっても東関東自動車道を利用するのも賢い選択と言えますね。

ただ、そうは言っても、お住いの関係でどうしても京葉道を通らなくてはいけなかったり、当日になって予測できない渋滞に巻き込まれることはありますよね。

そういった場合には、

道を走っている成田空港行きのリムジンバス

をよーく見てください。

羽田空港のアクセスについて書いた記事でも触れましたが、

リムジンバスの運転手さんは、リアルタイムで渋滞情報を得ているため到着時間が遅れることがあまりなく、

通常は時速90キロで運行するそうですが、渋滞が発生した場合は100キロ程度で走行しつつ、スムーズに到着するように空いている道を見極めて走っています。

大型バスの後ろを走ると遅くなるような気もしますが、ついて行くというのも一つの手です。

一般道を利用する場合

一般道で成田空港に入るには、国道51号線を利用し、途中で国道295号線(空港通り)に入って第二ゲートから空港内に入ります。

第二ゲートからは第一、第二、第三と、どのターミナルにも通じています。

一方、国道296号線で向かう場合には、県道106号線か県道62号線に入り、第六ゲートを通って各ターミナルに向かいます。

渋滞状況ですが、年末年始や行楽シーズンは国道51号線周辺が多少混雑します。

通常なら第二ゲートをくぐって各ターミナルに行きたいところですが、

こうした時期は分岐の所で混雑が予想されますので、国道295号線の途中にある成田スマートICから新空港自動車道を通って、

第一、第二ゲートを通ってから各ターミナルにまっすぐ向かう方がスムーズに到着できますよ^^

成田空港の駐車場に関する情報は、こちらで詳しく書いてありますので、車で行く方は合わせて参考にしてください。

【成田空港の駐車場に関する情報はこちらでチェック!】

⇒ 成田空港の駐車場を予約したい!相場と混雑時の賢い裏技はこれ!

高速バスで行く!成田空港へのアクセス

同じ車でも、自分で運転する必要がなくて、時間も決まっているからストレスフリーを優先されたい方は高速バスもおすすめです。

ここでは、首都圏各方面から成田空港に向かう高速バスについてまとめました。

西東京方面から向かう場合

高尾駅南口、西八王子駅入口、京成八王子駅、JR八王子駅北口を経由して、成田空港に向かうバスがあります。

始発の高尾駅から成田空港までの所要時間は160分です。

高尾駅始発のバスは4:45、6:45以外は、京成八王子駅が始発になります。

最終バスは成田行き京成八王子駅発19:00で、八王子方面行きの成田空港発の最終バスは20:35です。

【参考】

●西東京バス
http://www.nisitokyobus.co.jp/kousoku/1663.html

大宮方面から向かう場合

西武バス大宮営業所、大宮駅西口、さいたま新都心駅を経由して成田空港に向かう高速バスです。

始発からの所要時間は125分です。

始発は西武バス大宮営業所発が4:35、最終が19:45です。

大宮行きの成田空港発の最終バスは20:35です。

【参考】

●京成バス
http://www.keiseibus.co.jp/kousoku/nrt02.html

横浜方面から向かう場合

横浜駅から成田空港直通の高速バスがあります。

所要時間は85分です。

横浜駅始発は5:15、最終バスは19:30で、成田空港発の横浜駅行きの最終バスは22:25です。

【参考】

●YCAT(ワイキャット)横浜シティ・エア・ターミナル
http://www.ycat.co.jp/route/narita/ycat2narita.php


日本のバス会社は時間に相当シビアなんで、ほぼ定刻通りの運行をしてくれるのが素晴らしい所。

そうはいっても、突然の事故渋滞や天候によって当日は何が起こるかわかりません。

備えあれば憂い無し、大丈夫だろうかとハラハラしないように、1本前のバスを乗るくらい余裕を持って行動するようにしてくださいね!

電車で行く!成田空港へのアクセス

さて、最後は最も安く、ほぼ時間通りに成田空港へ到着できる電車でのアクセス。

成田空港へのアクセスは成田エクスプレスかスカイライナーがとても便利です。

成田エクスプレスは主要な駅に停車するため、乗り換えの手間が少なく済みます。

無線LANがあったり、荷物置場にダイヤル式のロックがあったりと、利便性が高いのも成田エクスプレスのいいところです。

一方、京成上野駅が始発で日暮里駅を経由して成田空港に直通で向かうスカイライナーですが、

上野から41分、日暮里からなら36分と成田エクスプレスと比べるとスピーディにたどり着くことができます。

京成上野駅とJR上野駅は近くないので多少不便ですが、料金は成田エクスプレスよりも安い運賃で空港に行くことができます。

主要な駅からの成田空港への電車でのアクセスを以下にまとめましたので、参考ください。

新宿駅方面から向かう場合

スカイライナーを利用するなら、山手線池袋方面で上野から京成上野、または日暮里まで行ってスカイライナーに乗り換えましょう。

所要時間は約56分です。料金は2,659円。

成田エクスプレスを利用するなら、新宿駅から乗ることができ、所要時間は約76分で、料金は2,990円になります。

横浜駅から向かう場合

スカイライナーを利用するなら、横浜駅から東海道線に乗って上野駅まで行ってから京成上野、

あるいはJR山手線池袋方面に乗り換えて日暮里まで行きましょう。

所要時間は約72分で、料金は3,015円です。

成田エクスプレスを利用するなら、横浜駅から出ているので乗り換えの必要はなく、所要時間は約88分です。

料金は4,094円です。

大宮駅方面から向かう場合

成田エキスプレスを利用すると、所要時間は約111分で、料金は3,640円です。

スカイライナーを利用するには宇都宮線で上野駅まで行き、京成上野駅からスカイライナーに乗るか、更に山手線で日暮里まで行きスカイライナーに乗ります。

所要時間は約90分で、料金は2,929円です。

千葉駅方面から向かう場合

JR成田線快速エアポート成田の成田空港行きにのれば、乗り換えなしで42分で成田空港にたどり着くことができます。

料金は669円です。


成田空港までの各移動手段でのアクセスを解説しました。

いずれの方法にもメリット・デメリットはありますが、フライトに遅れないようにする事を最優先にしてくださいね。

少しでも今回の記事が参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ