ねぶた祭り2017!日程がわかったら宿泊先は早めの確保を

東北六大祭りの一つ、青森「ねぶた祭り」。

誰しもその名を聞けばイメージできる紙で出来た張りぼて人形が山車に乗って練り歩き、そのまわりを500~1000人の「はねと」が踊ります。

この青森が誇る、ねぶた祭りの魅力・・・トクする君同様に、あなたも一度は見てみたいと思っていることでしょう。

2017年の今年こそはねぶた祭りに行こう!

そう思って旅行の計画を練り始めたあなたのために、ねぶた祭りの日程からお得なツアーやおすすめホテルまでを詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

ねぶた祭りの日程と現地の混雑状況を知ろう!

nebutamatsuri

毎年ねぶた祭りは、曜日に関係なく前夜祭を除くと、

8月2日~7日の間

に開催されます。

本祭の詳しい日程を2017年の曜日に合わせてご紹介します。

●8月2日(水)・3日(木):19:10~21:00

子供ねぶた、大型ねぶたの運行

●8月4日(金)・5日(土)・6日(日):19:00~21:00

大型ねぶたの運行

●8月7日(月)13:00~21:00

大型ねぶたの運行:13:00~15:00

青森花火大会、ねぶた海上運行:19:15~21:00(青森港)

※時間は年によって異なる場合がございます。

気になる、ねぶたの会場は大体この辺りです

ねぶたの運行ルートは

青森駅正面から伸びる新町通り
ホテル青森の所で右折し国道4号線
県庁通りの所を曲がって、ふたたび新町通り

といったルートを辿ります。

2016年の混雑予測は?

毎年、300万人もの人が押し寄せる人気のお祭りなので、ある程度は混雑を覚悟してください。

2016年の曜日から推測すると、

8月4日(金)・5日(土)・6日(日)

やはり週末にかけて観光客が多いことが予想されます。

とはいえ、会場は青森駅から徒歩5分程度と近い割に、祭りの始まる1時間前と、21時の祭り終了直後の駅を除けば、なんとかなるレベルの混雑といった所ですね。

東京都内のお祭りを経験している人にとって見れば、そんなに大したことないと感じるかもしれませんね。

東京からの交通アクセス

さて、現地の事はわかった所で、青森までのアクセスもしっかり押さえておきましょう。

ここでは、東京を出発点とした交通アクセスをご紹介しておきます。

・新幹線

東京駅より東北・北海道新幹線に乗って「新青森駅」で降車し、奥羽本線に乗り換えて「青森駅」を目指します。

時間にすると約3時間30分~4時間程度を見ておくといいでしょう。

・飛行機

飛行機の場合は青森空港まで飛んで、空港から出ている青森市内行のバスに乗ると便利です。

羽田空港から青森空港までは約1時間15分。空港から市内までは約30分くらいでつきます。

・車

本州最北端の県ということもあって、車で行くととんでもない時間がかかりますが、

ゆったり一人旅・・・という方もいらっしゃるかと思いますのでご紹介しておきますね。

東京からですと、東北自動車経由で渋滞なしで考えると、約7時間30分

途中の渋滞や休憩を考慮すると、半日くらいを見ておけば良い感じですね^^

ねぶた祭について詳しく知ろう!

1980年には国の無形文化財にも指定された青森が誇るお祭りです。

見所はなんといっても大迫力の張りぼて人形

これですよね^^

1つ1つが「ねぶた師」の手作りで

山車の高さが2m、人形の高さは5m、幅9m、奥行きが7mと見上げるような大きさです。

はねとは

「ラッセーラー、ラッセーラー」

という、独特の掛け声で飛び跳ねながら、ねぶた祭りを盛り上げます。

ねぶたの由来

実は、ねぶたのはっきりとしたルーツは分かってないんです^^;

七夕祭りの灯篭流しが変化したものという説が有力のようですね。

もともと7月7日の七夕に、穢れを払う禊ぎの儀式として、

灯篭を海や川に流して無病息災を願っていたものが、津軽地方の人形流しや虫送りの文化と結びつき、「ねぶた」になったと言われています。

ねぶた祭りに行くならツアーかホテルか?

さて、休みも確保できた所で、忘れてはならないのが宿泊先の確保ですね!

アクセスの良い宿泊先は、予約が早くに埋まってしまうため、のんびりもしていられませんよ^^

格安でいくなら、あなたはツアーという選択肢も視野に入れているかもしれませんよね。

そこで、ツアーとホテル、それぞれでお得なプランを調査してみましたので、ぜひ参考ください!

ツアーでねぶた祭りを堪能するなら!

新幹線代と宿泊費、食事代をバラバラに手配して

後から計算したら、知らぬ間に大きな金額に…

なんてこともありますね。

繁忙期なので決してツアー代自体は安くはないですが、余計な費用がかさまないのがツアーの魅力です^^

関東エリア出発のツアーを2つご紹介致します。


八戸三社大祭・青森ねぶた祭りと秋田竿灯まつり 4日間

ねぶた祭りの観覧席のチケットも付いてくるので、しっかり楽しむことができますよ!

【飛鳥II】(横浜発着)横浜花火・竿燈ねぶたクルーズ 8日間

時間もお金もかけられるあなたは、クルーズという手段もありますね。

トクする君、実は一度、飛鳥Ⅱに乗ったことがあるんですが・・・お世辞抜きで最高です^^

といっても試乗の経験だけなんで、本当のクルーズは言葉にならないでしょうね!

【参考:近畿日本ツーリスト】

ホテルも早めの予約が肝心です

計画を立てずに、ぶらりと観光もかねて、ねぶたを楽しみたいカップルやファミリーにおすすめなのは

「ねぶたプラン」があるホテル

です。

具体的に2つ紹介させて頂きますね。


ホテル秋田屋

秋田屋さんのねぶた祭りのプランは朝食のみが付いているプランが合って、

事前に申し込むと、ねぶた祭りまでの送迎(行きのみ)をしてもらえます(先着順のようです)

ねぶた祭りから帰ってきたら、夜食のおにぎりなんかも用意してくれる、きめ細かいサービスが嬉しいお宿です^^


黒石温泉郷温湯温泉 山賊館

会場まではちょっと遠いですが、温泉も楽しめるこちらのお宿もおすすめです^^

その他にも、ねぶた祭りに合わせて、様々なプランを組んでいるホテルや旅館も多いので、ぜひ早めにチェックしてみてくださいね!

【参考:じゃらん】


青森県はねぶたのみならず、海鮮もお酒も美味しいし、リンゴのスイーツも楽しめるとあって観光するのにはもってこいの場所です。

ちなみに、青森駅の近くの「A-Factory」というオシャレなお土産屋さんが見ているだけでも楽しいので、

ねぶたが始まるまでの時間を利用して、ぜひ行ってみてくださいね^^

そこで売っている青森のリンゴで作ったシードルは絶品です!

ねぶた祭りもさることながら、見所がいっぱいの青森に2016年の今年は、ぜひ足を伸ばしてみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ