羽田空港アクセス!車・電車・バス別に押さえておきたいポイントとは

首都圏にお住まいの方が国内旅行や出張に使う空の玄関といえば羽田空港。

飛行機で何より絶対に避けたいのは出発に間に合わない事ですよね。

ただ、羽田空港までのアクセスって行っても自家用車、高速バス、電車とあって、それぞれ一長一短あります。

トクする君も東京にいた時にすべて経験済みですが、それぞれ押さえておきたいポイントがあるんですよね。

その辺も踏まえまして、今回は羽田空港の各アクセスについて詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

羽田空港へのアクセス【車編】

hanedaairport-access

車で羽田空港へ行く場合に最も気にしなければいけないのは、渋滞ですよね。

東京郊外・埼玉・千葉・神奈川の各方面で最寄りの高速に乗ることになりますが、

比較的、よく利用する箇所の渋滞情報はわかるものの、首都高の情報はつかみにくい所です。

事故渋滞は予測ができませんが、1つだけ押さえておきたいポイントとして

首都高湾岸線は午前11頃、午後17~18時が最も混雑します。

フライトが午後1時~3時、19時以降の場合は、この時間を避けて、できるだけ早めに出発することを心掛けましょう。

できるだけスムーズに羽田空港へ到着するためのコツ

渋滞情報はラジオや同席者がいればネットでチェックしながら行くというのが基本となるかと思いますが、どうしてもタイムラグがあるんですよね。

そんな時、ほんのちょっとしたコツですが、

空港行のリムジンバスや高速バスが通る車線をよく見る

実は、これ結構使えます^^

こうした空港行きのバスは時間通りに着くことがサービスになりますので、

渋滞が発生したらいち早く運転手に連絡を入れ、長年のデータや絶えず無線連絡をしながら、最適な交通経路を取っているんですね。

さらに、渋滞でなくとも大型バスは一般車両よりも運転席が上の方にあるから道路の遠くまで見渡せるため、

バスの運転手さんは混んでいる車線を見極めてスムーズに進める車線を選んで走行しています。

私たちのような一般のドライバーは早く現場に到着するために、今流れている右車線を走行する傾向にあるため、

その場合には、あえてバスは左車線を走行して混雑を回避していることもよくあります。

こうしたちょっとした所でも、トータルの時間で考えれば結構違ってきますので、ぜひ目を養って下さいね!

羽田空港の駐車場も意外と混雑するので要チェック!

空港が見えてくればホッとしたのも束の間、駐車場に止めるまで気は抜けません。

羽田空港にはP1~4の全部で4つ、各ターミナルに二つずつ駐車場があります。

1つの駐車場あたり2500台を収容できるので、空港全体だと1万台停められるということになります。

特に混雑する時期ではない平日であれば、大体平均して30%くらいは空きがあると言われています。

ゴールデンウィークや夏休みなどの混雑する時期を除いては満車で停められないということはあまりないようですね。

ただ、混雑する時期では、朝6時前くらいならなんとか停めることができますが、7時を過ぎるとだんだんと駐車場渋滞が起こりはじめます。

そのため、お盆や年末年始の場合には、すでに駐車場を確保してあるから安心せず、かなり余裕を持った出発をすることが大切です。

羽田空港の駐車場に関する記事はコチラで詳しく書いてありますので、合わせて参考にしてくださいね!

【羽田空港の駐車場に関する情報はこちらでチェック!】

⇒ 羽田空港の駐車場を予約!知っておきたい混雑状況と周辺相場

羽田空港へのアクセス【高速バス編】

高速バスを利用すれば、同じ車でも自分が運転しなくてもいいし、旅行の時の大荷物もトランクに詰めるだけで運んでくれるので、空港内を移動するだけでよく楽チンです。

電車に比べると運賃は高速バスの方が割高ですが、旅行の行き帰りの疲れを程よく軽減してくれます。

ただし、乗降場所や時間が決まっているので、フライト時間と到着にかかる時間を逆算して乗る便を決めることが大切です。

首都圏の各方面からの高速バス情報をまとめました。

西東京方面からのアクセス

西東京バスは高尾、八王子、青梅方面から、立川バスは昭島、立川方面から羽田空港行きの高速バスが出ています。

乗降場所にもよりますが、平均2時間程度で羽田空港に到着します。

【参考】

●西東京バス(時刻表)
http://www.nisitokyobus.co.jp/kousoku/308.html

●立川バス(時刻表)
http://www.tachikawabus.co.jp/line_haneda_time

大宮方面からのアクセス

西武バス大宮営業所からさいたま新都心駅を経由したバスが運行しています。

始発から乗ると所要時間は2時間程度です。

始発が4:15、最終が20:20で、羽田空港発の始発は6:30、最終は24:20です。

【参考】

●国際興業バス
http://5931bus.com/airportbus/detail/omiya_haneda.html

横浜方面からのアクセス

横浜駅から直通で羽田行きのバスが出ています。

所要時間は30分程度です。

横浜駅始発が4:00で、5:00以降は5~15分間隔でバスが出ています。

ただ、バスによっては第一・第二ターミナル停まりで、国際線ターミナルまで行かないものもあるので、乗るときは注意が必要です。

【参考】

●YCAT(ワイキャット)横浜シティ・エア・ターミナル
http://www.ycat.co.jp/route/haneda/ycat2haneda.php

千葉方面からのアクセス

千葉中央駅西口から途中の駅を経由しながら、羽田空港に向かうバスが出ています。

千葉中央駅始発は4:30で最終は22:00で、羽田空港発の始発が5:10、最終が24:20です。

所要時間は1時間30分程度かかります。

【参考】

●リムジンバスの東京空港交通:http://www.limousinebus.co.jp/area/haneda/chiba.html


高速バスは便利ですが、突然の事故渋滞が起こった場合には、当然ながら遅れることもあります。

そのため、車で行く時と同様に一本余裕を持って乗るなどをした方が確実ですし、気持ち的にも安心できますね。

羽田空港へのアクセス【電車編】

出来るだけ正確な時間に羽田空港へ到着したいというのであれば、やはり電車にかなう交通はありません。

電車の場合は、とにかくいろいろな経路がありますが、羽田空港へのアクセスは、トクする君的には京浜急行が便利だと感じています。

あなたの最寄りの出発駅から蒲田駅に向かい、その後京浜急行に乗り換えるコースですね。

もともと京浜急行沿線にお住まいの方なら、正にパーフェクトですよね。

逆に、地方から東京近辺の出張や旅行でお越しの場合は、

帰りのアクセスを意識して、京浜急行近辺でホテルを確保する

というのは、かなり安心となるポイントですよ^^

旅行などで羽田空港を利用する場合は大荷物であることが多く、乗り換えのたびに荷物を持ってホームを移動するのは面倒なのが唯一のデメリットですが、

都内近郊であれば電車の方がバスよりも運賃は安くなることがほとんどなのでオススメです。


・自分のペースを大事にしたいなら自家用車

・疲れをためない旅行や出張を目的とするなら高速バス

・とにかく確実に、安い料金で行くなら電車

と羽田空港へのアクセスも目的に合わせて選んでいくと思いますが、

各々メリットやデメリットがあるので、ぜひとも今回お伝えしたポイントを参考にして下さいね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ