父の日の花は【黄色】がテーマカラー!定番を含めたおすすめ5種類の花

父の日に贈るプレゼントを考えた時に、やっぱり花かなあと思ったものの。。。

そういえば、母の日にはカーネーションやアジサイを贈るけど父の日って定番の花ってあるのだろうか?

正にいま、そう思ってこのページをご覧頂いていると思います。

今回は父の日に贈る花について徹底的に調べましたので是非参考ください!

スポンサーリンク

父の日の花と言えば何?

まずは本題の父の日に贈る花の話。

父の日の歴史を遡るとバラであることがわかりました。

バラにも様々な色がありますが、従来は赤いバラが父の日の花とされていましたが、家族への愛情・尊敬を意味する黄色いバラが徐々に浸透していきました。

そして、1981年に日本ファーザーズデイ委員会が設立されて、父の日黄色いリボンキャンペーンが行われた事をきっかけに、黄色いバラを贈るのが現在までのスタンダードとなっています。

残念ながら現在そのイメージが定着しているとは言えませんが、過去にトクする君も父に黄色いバラを贈った経験がありますが「よく知ってるじゃん!」と言われました。

こうして考えると、団塊の世代にとっては「父の日=黄色のバラ」というのが、そこそこ定着しているのかもしれませんね。

父の日に贈るその他の花の種類

このように父の日に贈る定番の花は黄色いバラであることがお分かり頂けたと思いますが、それ以外にも現在では花言葉に合わせて色々な花が贈られています。

具体的にどんな花がよくプレゼントされているのか紹介します。

ひまわり

「憧れ」「敬慕」を意味すると言われ、実は父の日に持ってこいの花なのがひまわり。

黄色ですし親しみやすい花なので渡しやすく、人を選ばないのでオススメです。

ガーベラ

「親しみやすさ」が花言葉であるガーベラは茶目っ気のあるお父さんには似合う花。

黄色いガーベラをセレクトして贈るのもいいですね。

スカシユリ

「親想い」「子としての愛」の花言葉があるスカシユリ

子供の時に一緒に遊んでくれる優しいお父さんに感謝の気持ちを込めて渡すにはピッタリの花。

男性には贈りやすい小ぶりな花なので、個人的におすすめです。

胡蝶蘭

花言葉は「幸福がやってくる」。

お父さんが仕事や家庭の事を頑張れるように、自分が社会人になって同じ気持ちがわかった時に贈る花として選ばれているようです。

花束と鉢植え、贈るならどちらがおすすめ?

花を贈ることに決めたら花束が良いか鉢植えが良いかって部分も考えどころですよね。

花瓶とかちょっと微妙なお父さんなら鉢植えの方がいいし、お母さんがきちんと飾ってくれるんであれば花束でも問題ありません。


例:花束(黄色いバラ)

例:鉢植え(黄色いミニバラ)

こんなミニバラも、お父さんの部屋に飾ってくれたら自分としても嬉しいですよね♪

もし、花を育てる事に全く興味がないお父さんなら、鉢植えの造花とかもありますので色々と探してみてくださいね。


はじめて父の日に花をプレゼントする方は、ぜひ「黄色いバラ」を選んでみましょう。

また、渡す時にお父さんが知らなかったら、ぜひ意味を添えて感謝の気持ちを伝えてあげるのも良いかもしれませんね。

普段なかなか気恥ずかしくてじっくり話せないのが父親でもありますし、父の日をきっかけにコミュニケーションを深めましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ