ベビーパウダーは化粧におすすめ!化粧崩れやテカリを抑える使い方

最近、ベビーパウダーを肌のケアやメイク用品として利用する方法について話題になっているのが気になっていたトク娘です。

私も女性なので、肌のケアやメイクに関しての情報はちょっと気になっていて、いろいろと調べてしまいます。

でも、ベビーパウダーを肌のケアやメイクの代わりに使用するにはどうしたら良いの?

ベビーパウダーって顔に塗っても本当に悪影響はないの?

私だけでなくベビーパウダーに興味のある女性なら誰でもこの疑問が頭をよぎるのではないでしょうか?

そこで今回は、

  • ベビーパウダーで化粧に使用する際の使い方手順
  • ベビーパウダーって化粧に使っても危険じゃない?

この2つのポイントについて、詳しく解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

ベビーパウダーで化粧に使用する際の使い方

ベビーパウダーと言えば「赤ちゃんに使うもの」という印象がありますが、

このベビーパウダーを利用することでメイク崩れを防いだり、肌ケアを行えるということが話題になり、女性から注目を集めています。

具体的にベビーパウダーを化粧に取り入れる方法には3つの用途が考えられますが、1つずつ使い方を解説していきましょう。

メイク下地とファンデーションの仕上げにベビーパウダーを使う

メイクの前にベビーパウダーを下地として使い、ファンデーションの後にもう一度ベビーパウダーを使用することで、顔のテカリやメイク崩れを防げると言われています。

具体的な使い方としては、

  1. 洗顔後にスキンケアを行う
  2. 時間をおいて落ち着いた肌にベビーパウダーを薄く塗る
  3. 必要に応じて日焼け止めクリームを塗る
  4. ファンデーションを塗る
  5. 毛穴の気になる部分にベビーパウダーを塗る

この手順でベビーパウダーを使用してすると、化粧崩れやテカリを抑えられると言われています。

ファンデーションとして使う

ベビーパウダーをファンデーションの代わりに使用する人もいらっしゃいました。

ファンデーションの代わりにベビーパウダーを使用すると、ベビーパウダーの主な成分であるタルクやコーンスターチの作用で、汗を蒸発してくれます。

そのため、顔のテカリを予防できると言われているのです。

また、ファンデーションからベビーパウダーに変えたことで、ニキビが軽減されたという話もありますが、

これは単純にファンデーションの負担から肌が解放されたことでニキビが軽減されたと考えられます。

スクラブ洗顔やパックとして使う

ベビーパウダーを使って洗顔やパックを行うと、鼻の毛穴に詰まった角栓をきれいにできると言われています。

また、ベビーパウダーが肌に優しいスクラブの代わりになることでマイルドなピーリング効果もあるとして、話題になっています。

ベビーパウダーをスクラブ洗顔やパックとして使う場合は、

  1. 小さいスプーン1杯のベビーパウダーを洗顔料に混ぜる
  2. 泡立てネットを使って良く泡立てる
  3. 泡立てた泡を使って肌に摩擦を与えないように洗顔する
  4. 洗い流す前に数分顔にパックする
  5. ぬるま湯で良く洗い流してからスキンケアを行う

このような手順で行うことで、角栓や余分な皮脂が洗い流されたり、ピーリング効果でシミがきれいになっていくと言われています。

ただ、この方法では毛穴の角栓を除去するのは難しいと言っている医師もいらっしゃいます。

その理由は、鼻の角栓をスクラブで取り除くのは難しいからです。

しかし、ベビーパウダーの成分を考えると、肌に悪影響を与えるとは考えにくいため、使い心地を楽しんだり、香りを楽しむといった目的で使用しても問題はないと考えられているそうです。

ベビーパウダーって化粧に使っても危険じゃない?

ベビーパウダーは本来は赤ちゃんのオムツかぶれや汗疹を軽減する目的で作られています。

でも、ファンデーション代わりに使ったりするのは、ベビーパウダーの成分を考えて問題ないのかって疑問もありますよね。

ベビーパウダーの主な成分は、上記でも紹介した通りタルクやコーンスターチです。

そのため、基本的には肌に悪影響はないと言われています。

ただし、いくつか注意点があるため、ベビーパウダーを使用するときには注意が必要です。

ニキビの悪化につながる場合も考えられる

ベビーパウダーを使用することで毛穴にパウダーが詰まってしまい、ニキビの悪化やニキビの原因になる場合があると言われています。

これは、ベビーパウダーが汗や皮脂を蒸発させる毛細管現象を邪魔してしまうことが原因だと言われています。

そのため、ベビーパウダーを顔に使用する場合には、極力薄く塗るようにしてください。

香料が含まれている場合には注意する

ベビーパウダーは種類がとても豊富で、手軽に気に入ったものを購入できます。

しかし、なかには微量の香料が含まれていることがあります。

この香料でアレルギー反応が出てしまう場合も考えられるため、ベビーパウダーを購入する場合には成分に注意することをおすすめします。

ベビーパウダーでむせ返るのを防ぐには?

ベビーパウダーは、ほとんどの商品が細かい粒子で作られています。

蓋を開けただけで、ふわーっと粉が舞う経験がある方も多いと思います。

この粉を吸い込むと、むせ返ってしまいます。

とくに喘息や鼻炎の場合にはこのむせ返りが結構辛い、場合によっては危険な場合もありますよね。

そこで、ベビーパウダーでむせ返るのを極力防ぐための方法について調べてみました。

ベビーパウダーでむせ返りを防ぐ方法は、

  1. 大判サイズのコットンを半分にして大きなコットンにする
  2. コットンにベビーパウダーを小さじ2分の1をはさむ
  3. ベビーパウダーをコットンになじませる
  4. 手の甲で軽くコットンをはたいてから顔につける

このような方法で、むせ返りを防ぐことができると言われていましたので、ベビーパウダーを使うときに活用してみてください。


ベビーパウダーはアレルギーの起こりにくいアイテムなのですが、やはり成分によってはすべての人がアレルギーを起こさないわけではありません。

ただ、化粧品よりは肌に負担もなく、悪影響になる可能性が低いと言われていますので、状況に応じて使い分けてみてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ