ウェイパー(味覇)の使い方を応用した意外で美味しいレシピ

トクする君は根っからの中華好き。何より春巻きが自分で作るくらい好きなわけですが・・・

家で作ると、あの中華独特の味が再現できない!

鶏ガラスープじゃない、ナンプラーも違う、オイスターソースもしっくりこない・・・こうした悩みを抱えていました。

しかし、それを解決してくれたのが、これ!

記事を書いた2015年3月末には、中身が変わるとか変わらないとかで私を含め、ウェイパーファンの心を動揺させたニュースが流れましたが・・・

それくらい世間に浸透している調味料、あなたもスーパーの調味料売り場で、見かけたことがあるのではないでしょうか?

厳密にいえば、ウェイパーではなく、「ウェイパァー」なんですが、

入力しにくいからか、ほとんどの方が「ウェイパー」と検索されているので、ここではあえてウェイパーと表記しますね^^;

今回は、そんなウェイパー(味覇)の王道料理への使い方や意外な料理に使うレシピまで、ウェイパーを色々な角度からせまっていきたいと思います!

スポンサーリンク

ウェイパー(味覇)とは?

gyoza

ウェイパーはを使うと、中華料理屋で食べる味がなぜか再現できてしまいます。

これまで苦労して色々な調味料を入れたのにダメだったことが、なぜウェイパーでは可能なのか。

一体どのような成分からできている物なのか非常に気になったので調べてみました。

公式ホームページによると、

食塩、肉エキス、野菜エキス、動植物油脂、砂糖、乳糖、小麦粉、香辛料(ホワイトペッパー)、調味料(アミノ酸等)

といったように鷄骨・豚骨スープをベースに野菜エキス・スパイスなどで味に深みを出しています。

中でも決めては、動植物油脂が入っているため、鶏ガラスープや中華味の素よりもウェイパーの方が圧倒的に味が濃くて深みがあるんですね。

ただ、塩分濃度が高く、ペースト状で溶けにくいため、鶏ガラスープの素を入れる感覚でたくさん入れると、たいへんなことに(汗)

味を見ながらすこーしずつ入れていきましょうね^^;

中華の王道3品からウェイパー(味覇)の使い方と量の目安を知ろう!

ウェイパーはペースト状なので、水分の多い料理にはあらかじめ少量の水またはお湯で溶かしてから使う方が便利です!

目安となるウェイパーの使用量は、日本人にとって中華料理の王道といえるチャーハン・餃子セットで見ていきましょう^^

まずは、添え物のスープの場合、沸騰したお湯300ccにウェイパーを5グラムを加えて溶かして使います。

餃子は、豚挽き肉200グラムに対してウェイパー5グラムを目安に混ぜて使うと、お店の餃子の餡の味が再現できます^^

最後にチャーハンの場合は、ご飯360グラム程に対してウェイパー10グラム程が目安で使用すると、間違いない味になります。

こちらの動画で、どのタイミングでウェイパーを入れればよいかは参考にしてくださいね。

通常使用で1食分は5g、メイン料理のような、しっかり味付けをしたい物には10gと覚えておくと他の料理にも応用しやすいですね

ウェイパー(味覇)を使った美味しいレシピ

ウェイパーの基本的な使い方が分かったところで、家庭の定番メニューにウェイパーをプラスαして一層美味しくするレシピを4つご紹介しましょう。

*カレーライスまたはドライカレー:ウェイパー使用量5g/1食分

隠し味にウェイパーを少し入れると、コクが出ておいしくなりますよ♪タイミングはカレーの場合はルーが完全に溶けた後、ドライカレーは仕上げに入れてくださいね^^

*塩やきそば:ウェイパー使用量10g/1食分

ぐっとお店の味に近くなるのでトクする君的におすすめの焼きそば。

あらかじめ少量のお湯でウェイパーを溶いておきます。野菜と焼きそばを炒めたら溶かしたウェイパーで味をつけて炒めて完成です!

*わかめスープ:ウェイパー使用量5g/1食分

お湯を二人分ほど沸かし、ウェイパーを5グラム程溶かします。そこに乾燥わかめとごまを入れ、胡麻油を風味付けに加えて完成です!

味が薄ければ塩で調整してくださいね♪

*唐揚げ:ウェイパー使用量5g/1食分

しょうゆやにんにく、しょうがと共にウェイパーを少し加えて下味を着けると、味が、まとまっておいしいですよ。最近我が家の定番です(^^)

ウェイパー(味覇)を使ったちょっと意外なレシピ

このように洋風、和風の料理にプラスするレシピにも使えるウェイパーですが、

その他ちょっと意外ですが、こんな料理にも入れると普段とは違った旨味が出るのでぜひ試してくださいね♪

*ナポリタン

naporitan

いつものナポリタンに少しだけウェイパーを加えてみましょうー!ひと味違って美味しいですよ♪

**ホワイトシチュー

shicyu

いつものホワイトソースにすこーしだけ、ウェイパーを加えてみましょう!中華風のシチューになってこれが美味しいんです(^^)

**和風の煮物

nimono

和風の煮物にも少しウェイパーをプラスしてみましょう。味に複雑なコクが出て、さらにおいしくなりますので、ぜひお試しくださいね!

あとがき

ウェイパーって調味料にしては値段がちょっと高いなと感じるかもしれませんね?

かくいうトクする君も、値段の割に味に変化がなかったらどうしよう、と長らく躊躇していました。

が、1回使用してみて、なぜ今まで使わなかったのかと後悔しましたよ。それぐらい中華好きには必須の調味料ですし、普段の料理にも使える優れもの。

仮に毎日10g使ったとしても1ヶ月半持ちますから、高いといっても1日わずか21円!

これで本格中華を家庭で再現できるので、ぜひ1度試してみてくださいね^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ