結婚式の靴のマナー【革靴は?つま先は?女性はココに気をつけよう】

女性にとっても男性にとっても人生最大のビッグイベント、結婚式!

大人になれば幸せいっぱいの結婚式の招待を受けることも増えてきますね。

友人の結婚式、親戚の結婚式、同僚の結婚式…。

お財布的には厳しいですが。。。笑顔の新郎新婦を見られるというのは本当に微笑ましいことです。

結婚式に招待されたなら、やはりマナーは徹底したいところ。

あなたは結婚式に履いていく靴についてお悩みではありませんか?

ご祝儀やドレスに関するマナーはよく聞きますが、

靴の話はあまり聞かないため悩んでしまうのも無理はありません。

そんなあなたが結婚式に関する靴のマナーの疑問を解消できるように詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

結婚式に履いて行く靴の基本マナー

wedding-shoes

まずは色について。

単色であれば赤でも黒でも白でも大丈夫です。

ただし、素材は“革がNG”ですので、革靴は避けましょう。

とはいえ、靴をじろじろと見る人は少ないため、パッと見て革靴とわからなければ大丈夫ですけどね^^;

他に靴がないのであれば革靴でも重大なマナー違反にはなりませんので、素材はどうしよう…と深く考えすぎないでOKです。

むしろ重要なのは靴の形状です。

絶対にNGなのが「つま先が見えている靴」

なぜか?と言いますと、つまさきは「妻先」と漢字に当てることができますよね?

取ってつけたように思うかもしれませんが、

結婚式では

妻先 ⇒ 妻が先 ⇒ 妻が先に逝く

と非常に縁起が悪いと考えられていますので、つま先が見える靴は絶対に避けましょう。

具体的に言えばサンダル、ミュールは結婚式には不適切ということになりますね。

一番無難でオシャレにみえるのは「パンプス!」

こうした色や素材、そして形を考慮すると、おすすめで間違いないのがパンプスです。

例えばこちらの商品、手頃な値段なので結婚式によく使われていますね。

少し高めのヒールがかわいらしく、アクセントのリボンもキュート。

結婚式らしいおしとやかなカラーバリエーションも人気のポイントとなっています。

続いて、コサージュがついた、光沢のあるパンプスです。

きらきらとした質感が煌びやかな結婚式という場にピッタリと似合います。

色はベージュのみとなっていますが、どんなコーディネートにも組み合わせられる絶妙な色合いを再現しているので安心です。

ヒールはすぐに痛くなるからちょっと苦手というあなたにはこちら。

シンプルで美しいフォルム、充実したカラーバリエーション。

足のことを考えた、優しいつくりの靴となっています。

ブラックやベージュなど定番の色以外にパープルやネイビーがあるのも嬉しいですね。

結婚式の靴は使い終わったら次に備えたアフターケアが大事♪

結婚式はそう頻繁にあるものではありません。

ですから靴も、履くのは“たまに”ですよね。

結婚式に招待される度に高い靴を買うわけにはいきませんから、

きっちり保管して次の結婚式にも履いて行かれるようにしましょう!

靴の天敵はなんといっても「湿度」です。

保管する場合は、湿度の低い場所に必ず乾燥剤を同封してください。

下駄箱は湿度が高いため、できればもっと風通しの良いところがベストですね。

ちなみに靴が入っている箱は、乾燥剤を入れる靴の保管に最適ですので捨てずにとっておきましょう^^

収納する前にはブラッシングで汚れをとり、陰干ししてからしまってくださいね。

この時、新聞紙にくるむとより靴へのダメージを防げます。

オシャレは足もとから……。

普段はあまり意識しない結婚式の“靴”ですが、実はこんなに奥が深かったのです。

女性ならばパンプスを選んでおけば間違いありませんので、

あなたがこれから結婚式用の靴を購入するのであればパンプスを探してみて下さいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ