梅雨のくせ毛もこれで安心!【湿気対策と女性ヘアスタイル】

ああ、今年も梅雨がやってくる。。。

雨が憂鬱な理由は人それぞれですが、

くせ毛にとって梅雨ほど嫌な季節はない!!!

このページをご覧になっているあなたの心の声を代弁させて頂きました。

トクする君もなかなかのくせ毛のため、その気持ち痛いほどわかります。

そんな悩みを解消すべく、梅雨のくせ毛対策についてガッツリ書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

梅雨のくせ毛で悩む広がりを抑えるためには

tsuyu-curly-hair

くせ毛の場合、何が嫌って梅雨の時期の髪の広がりが本当にうざったいですね^^;

この悩みとお別れするためには、

くせ毛の性質を知るのが大事

これを理解してあげるだけで、髪が何を欲しがっているのかがわかり、対策法も自然と出てくるのです。

くせ毛はキューティクルがはがれやすく水分が少ない

くせ毛は常に水分を欲している状態なのですが、梅雨のような空気中に水分が多い時はいつも以上に水分を含もうとして髪が広がってしまいます。

つまり、広がりを抑えるということは、

髪の乾燥を防いであげる

という考え方をするのが大切なんですね。

そのための対策方法としては、ドライヤーをマイナスイオンのものに変えたり、ドライヤー時に一部に熱をあてすぎないなどのヘアケアが1つ。

またこの時期はストレートの方が広がりは目立つので、思い切って女性は巻き髪にしてしまうのがおすすめ。

髪の毛が短い男性なら、仕上がりの軽いワックスをもみこんでおくと、ある程度の広がりも抑えられていいですね。

しかし、ワックスには水分が多いためつけすぎは禁物です。

適量にしておかないと余計に広がってしまいますので要注意ですよ!

湿気に負けないスタイリング剤のつけ方のコツ

ワックスの話が出てきた所で、次は湿気に負けないスタイリング剤のつけ方を見ていきましょう。

先ほども言ったように、ワックスは水分を多く含んでいるため、つけ過ぎは禁止です。

スタイリング剤をつける前のコツとしては、

シャンプー後にトリートメントで保湿をしてコンディショナーでコーティング

これ男女問わず梅雨時期には効果があるのでおすすめです。

さらに、ドライヤーである程度かわかしてから、洗い流さないトリートメントもすれば、髪を保湿し潤いがたもてます。

事前準備が整ったらスタイリング剤を使っていきましょう。

ここで勘違いする方が多いのですが、

湿気に負けないようにといってハードタイプのスタイリング剤を使うのはNG

硬いタイプだと、返って手直しが出来なくなり湿気とともに髪がペタンコになってしまいます。

それでも、ある程度固めていきたいという方には、湿気に強いスタイリング剤も最近では色々と販売されているので試してみてくださいね^^

それとワックスのつけ方は基本、根元には必要ありませんからね!

これは鉄則ですが意外と知らない方が多いですので、毛先から中心へもみこむイメージで少しずつ量を増やしてセットしていくようにしましょう!

梅雨でも気にしなくてもいい女性のヘアスタイル

女性にとっては髪は命。

梅雨の湿気も気にならずに可愛い状態を維持するためにはこの時期のヘアスタイルは重要ですよね。

ここはトクする君からトク子にバトンタッチして、この時期おすすめのヘアスタイルを3つ紹介してもらいましょう

ハーフアップ

まとめ髪だと広がりもきにならない!

くくった毛の広がりを抑えたいならくるりんぱ、広がりをあえて楽しむならぎゃくりんぱが可愛いです。

トク子的にはぎゃくりんぱがおすすめです^^

ヘアバンドを使ったアレンジヘア

顔周りの毛は特にうねりがきになります。いっそのこと全部まとめてヘアバンドで隠しちゃいましょう。

おでこ全開パターンもアリですね^^

梅雨の憂鬱な気持ちも吹き飛ばし、活発な女の子を演出。すっきりして見えますよ。

おさげスタイル

くくる位置で印象がだいぶかわりますが髪型キープができる、おさげスタイル。

襟足付近できっちり結ぶとまじめちゃんスタイルは流行りのまる眼鏡との相性もばっちり♪

耳下で緩く結ぶとゆるふわ系スタイルはカチューシャなどでとことん可愛い女の子をアピールしましょう。

耳うえで結ぶと個性派元気系ですね!お気に入りの派手なヘアゴムをつけて自分らしさを強調しちゃいましょう^^


どうでしたか?

毎年くせ毛には憂鬱な梅雨でも普段とかわらずおしゃれは楽しめる!

そう少しでも思って頂けたら嬉しいです^^

くせ毛の悩みを払拭して、暗い天気でも気持ちは明るくいきましょう♪

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ