突然腰に痛みが!その原因は?重要な再発させないためのケア

突然の腰の痛みで重いものが持てなくなったと言う話はよく聞きますね。

ほんと腰が砕けるとは正にこのことで、力が入らない状態にはビックリします^^;

しかも腰は一度悪くなると長引きますし、下手なケアをすると余計に悪化してしまいます。

ここではそんな突然やってきた腰の痛みの原因を探り、正しい腰のケアをするために必要なことを詳しく解説していきましょう!

スポンサーリンク

突然腰が痛くなった!その時疑う原因と治療法

suddenly-waist

それでまず、突然腰が痛くなる原因について考えていきましょう。

一番多い原因は「ぎっくり腰」

重いものを持ったり、腰を激しく打ったり、身体をひねったりした時を基点として起こりますが、

立ち上がった時やくしゃみをした時など、ほんと何気ない動作によって起こることがあります。

ぎっくり腰は腰の捻挫のようなもの。脊椎や骨盤の関節の関節炎を起こしたりすることで、

ひどい時は立てない、起き上がれないこともあり、激痛が走ります。

また、腰の筋肉の突っ張り、「だるい、重い」というような症状も併発することが多いですね。

高齢になるとこのぎっくり腰は非常に危険で、ちょっとした外力でも容易に骨折する場合もあり、かかんだり、背中をまっすぐできなかったりといった後遺症が残るケースもあります。


ぎっくり腰の場合は安静が最も効果的な治療法です。

痛む部分を冷やし、できるだけ安静を努めましょう。

臥床時には身体の脇を下にして膝を軽く曲げ、腰の筋肉の張りを減らすと楽になります。

また腰痛時は、ソファーや柔らかい布団などは腰が沈み込んで痛みがひどくなったり、立ち上がる際に無理がかかったりして痛みが増強することがあります。

ぎっくり腰は一度なると癖になりやすいため、長期的に腰のストレッチと筋肉トレーニングなども取り入れることも考えていきましょう。

椎間板ヘルニアまたは腰椎症

下肢やお尻にかけて痛んだり、足がしびれるといった症状の場合は、

椎間板ヘルニアや腰椎の変形や関節炎による腰椎症

の疑いがあります。

これらは突然痛みが走るというよりも、最初は腰に違和感がある程度から、だんだん痛みやしびれがひどくなるといった特徴があります。


椎間板ヘルニアの場合は、足がつまずく、しびれがあるなどの歩行や神経の障害がある場合には手術適応になるかの精密検査が必要です。

加齢とともに脊椎の変形が重度になると同じような脊髄の症状がでることもありますが、その場合は整形外科の医師と相談しましょう。

歩行障害のような日常生活に大きく影響を与えるような症状以外は、コルセットなどで局部の安静を保つことで症状を軽くすることもできます。

腹部大動脈切迫破裂

お腹の中を通る大動脈がこぶになっていて割ける寸前に腰に激痛が走る

腹部大動脈切迫破裂

といった直接腰が原因ではない場合もあります。

ぎっくり腰と同じような腰がだるい、痛いというような症状だと言われています。

また、血管の内側が割けることで起こる

腹部大動脈解離

でも、腰痛が主症状として現れることがあり、その場合は息ができない程の強い痛みのこともあります。

腹部の大動脈切迫破裂や大動脈解離は命に関わる病気ですので手術や入院加療などが必要です。

突然くる腰の痛みを予防する!なってしまったら早めの対策を!

このように突然腰に痛みが走る原因の多くはぎっくり腰であることはわかりました。

しかし、一度のぎっくり腰で、その後慢性の腰痛になってしまう方も決して少なくありません。

重いものを持つ時には、かがんで重心を低くする、ストレッチをするなどちょっとしたことを気をつけるだけで回避することができます。

もうすでに、起こってしまった場合には、それ以上悪化させないこと。

ぎっくり腰の際は、中で急性の炎症が起こっている状態で圧迫固定することで局所の安静を得ることが大切です。

その際、このような骨盤を固定できるグッズを使用するのがおすすめです。

自分でも2段階に締められるので、腰骨の下にしっかりと締めて固定しましょう。

痛みがひいてきたら、慢性的な腰痛対策として腰椎ベルトをして予防するのも効果的。

夏冬問わず、蒸れやすい箇所なのでメッシュタイプがトクする君的にはおすすめです^^

こういったものは腰痛の人だけがするものだという先入観があるようですが、

ぎっくり腰になってから1、2ヶ月は癖にならないように腰を固定して保護する

これが多くの方が甘く見てしまいがちな、悪化させないための重要ポイントです!

その他、普段の生活の中で車を頻繁に使用したり、終日デスクワークという方は低反発のクッションを取り入れるなど、

腰を守るための工夫を積極的に行っていくようにしてくださいね!

慢性的な腰痛に悩むことになってしまったトクする君の、後悔の念を含めたあなたへのアドバイスです^^;

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ