セロトニンを増やす方法は食生活と減少を抑えることが大事!

めまいや気分の落ち込み、不眠などの症状はセロトニンという物質が関係している

こうした言葉を聞いたことがある人も多いはずです。

セロトニンとは血液の代謝を助ける物質で、強い血管収縮作用があると言われています。

ではなぜ、セロトニンはめまいや気分の落ち込みや不眠といった症状を改善すると言われているのでしょう。

その理由を詳しく説明した上で、セロトニンを増やす方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

セロトニンが減るとどんな症状が起こるのか?

serotonin

セロトニンとは人間の精神面に大きな影響を与えると言われています。

三大神経伝達物質の1つとなっていて心身の安定や安らぎといった面にも影響することから、

「幸せホルモン」といった呼ばれ方をすることもあります。

このセロトニンが不足すると色々な症状が現れてきます。

自覚症状としてわかりやすいものは、

「寝つきが悪い」や「朝が起きれない」

といった睡眠に関わるものがあります。

また、

「やる気が出ない」や「気分が落ち込む」

と言った普段の生活において精神的な影響が現れることもあります。

これらは一般的に「セロトニン欠乏症」と言われますが、その症状がとくに重大であると考える人は少ないのが現状です。

しかし、こうした症状が進行すると

「自律神経失調症」や「うつ病」

と言った精神疾患に発展することもあるので、軽い症状とは言え注意が必要です。

【うつ病と自律神経失調症についてもっと詳しく知りたい方は】

うつ病の原因と症状を知って絶対に我慢をしない生活のススメ

また、セロトニンの減少により体内の他の物質が活発化して起こる症状もあります。

代表的なものが「●●依存症」と呼ばれるものです。

快楽ホルモンとも言われるドーパミンを抑止するのがセロトニンの役割ですが、

セロトニンが減少することによってドーパミンが暴走し、様々な依存症の症状が現れる危険性もあります。

セロトニンを増やす食べ物は?

このように精神の安定に欠かすことができないセロトニン。

このセロトニンを増やすには一体どうしたらよいのでしょうか。

セロトニンの原料はトリプトファンと呼ばれる物質ですが、

このトリプトファンは体内で作られる物質ではないので、食事によって摂取する必要があります。

肉や魚、米や麺類といったタンパク質を多く含む食べ物に豊富に含まれているため、日常の中で比較的摂取しやすいと言えます。

ただし、トリプトファンだけではセロトニンは作ることができないんですね。

「ビタミンB6」と「鉄分」が合わさることによってセロトニンが生成されるのです。

これらをバランスよく摂取することでセロトニンを体内に増やすことができます。

ビタミンB6は肉や豆類、果物に多く含まれます。

鉄分については貝類や海藻類、卵黄が多く含まれる食べ物となっています。

このように、セロトニンの増加にはバランスの良い食事が大切になってくるので、

過度なダイエットや不規則な食生活がセロトニン減少の原因となっていることを理解しておきましょう。

セロトニンを増やせるサプリメントも増えてきている!

セロトニンを増やすためには意識的な食生活が必要なことがわかりましたが、

そうはいっても、毎日のことですから忙しい日本人には現実的に難しい面もありますよね。

そのため、最近では体内のセロトニン不足の解消を手助けをするサプリメントも増えてきました。

ただこうした物を摂取して、セロトニンがせっかく増えたとしても、また日々の生活でセロトニンは確実に減少していきます。

その減少をできる限り抑えていくためにも、日々の生活から心身のバランスを整えていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ