修学旅行の持ち物【高校生の必需品】絶対忘れないためのチェックリスト

高校生活の行事の中でも、一生に一度の思い出として残る修学旅行。

中学の時と違って、親があれやこれやとヤイヤイ言うわけでもないし、持っていく物も比較的自由になるから荷造りするだけでも何かワクワクしますよね^^

そんな気持ちだからこそ、肝心な持ち物を忘れてませんか?

「忘れるわけ無いじゃん!」という持ち物ほど忘れた時には一大事でブルーな気持ちになりますので、

この記事を最終の持ち物チェックリストとして絶対に忘れないようにしていきましょう!

スポンサーリンク

男女共通で必要となる持ち物について

school-trip-property

それでは、まずは男女ともに修学旅行で必要となる持ち物について見ていきましょう。

まあ、当たり前と笑わず、しっかり確認していきましょう。

・ボストンバッグやリュック、キャリーケース

これがないと荷造りができないので、完全なる必需品です。

着替えや洗面用具を入れる大きいものになりますが、修学旅行の行き先によっては飛行機を使うこともあるので、キャリーケースの方が疲れなくて良い場合もあります。

まだ、購入してないって方は、こちらの記事を参考にしてくださいね!

⇒ 修学旅行のバッグの大きさは?直前でも慌てず選ぶポイント


・小さめのカバン

財布や携帯電話など、歩き回る時に持ちだすものを入れておくもの。

ショルダーバッグや小さ目のトートバッグなど、ないと結構不便なので、こちらも準備しておきましょう。

特に行き先が海外の場合は、ひったくり率も高いですし刃物で肩紐を切って中身だけ持ち去るという場合も多いため、できるだけ頑丈なものをセレクトするのが◎


・しおり、筆記用具

忘れるといちいち友達に見せてもらったり借りなくてはならないので、忘れると友達から面倒くさがれる物。

「しおりなんて先生が予備を持ってるから大丈夫!」という資源の無駄遣い的な考えはNGなので、ちゃんと持っていきましょう!


・寝間着、パジャマ、ジャージ

学校が事前に寝間着の有無を教えてくれることもあるが、食事やお風呂に行くときなどにジャージが1セットあると寝間着にも出来て便利。

ただし、友達と格好の足並みを揃えたい人は事前にリサーチしておきましょう。

ギリギリになって慌てて用意した結果、上下の組み合わせがめちゃくちゃになるケースもあるので注意が必要です。


・洗面用具

歯ブラシ、タオル、シャンプー、ボディーソープ、洗顔料など。

宿泊先にある場合もあるが、簡素なものであることがほとんどなので、持って行ったほうが無難。

生活環境が変わると肌の調子が悪くなる、寝付きが悪くなるという人は、できるだけ普段から使っている物を持っていくと安心です。


・着替え、下着

私服で行く場合は着替えを泊数プラス1着多めに、制服ならワイシャツを一枚多めを心掛けましょう。

ほんと道中なにが起こるかわからないので、下着も1着ずつ多めに持っておくと安心です。


・ビニール袋

汚れものを入れたり、お土産物を仕分けしたりするのに便利なビニール袋。

必需品と感じていない方も多いですが、臭いや液だれ防止には一役買ってくれるアイテム。


・雨具

旅行先で突然の雨!

降ってほしくはないですが、修学旅行はハイシーズンを避けて日程を組まれることがほとんどなので、天候に恵まれないケースが多いです。

そんな時にビニール傘なんぞを買ってしまうと持って帰る際に非常に邪魔になるので、カッパか折り畳み傘は必ず持っていきましょう。


・財布

「忘れる人いないでしょ?」と思うが意外に忘れ物として多いのが財布。

集団行動だから安心してしまうのか、高校生なんだから土産の1つくらい親に買っていくために財布は持っていきましょう(笑)


・携帯電話と充電器

高校生たるや、今や肌身離さず持っているアイテムながら、出掛けについ忘れてしまうのが携帯電話。

充電を満タンにして充電切れにならないようにしておくのはもちろんですが、充電器も忘れずに。

宿泊先ではコンセントの争いになるケースもあるので、電池式の充電器が意外と便利です。


・連絡先を書いたメモ

先生や班長、両親の携帯など緊急連絡先を書いて紙で残しておく。

「携帯に入れておけばいいじゃん!」というデジタル世代ほど、その携帯紛失した時に悲劇が起こりますので、ご注意を。


・保険証(保険証のコピー)

突然の病気やケガをした時のために保険証は財布の中に予め入れておくのが◎。

そうしないとたかが風邪でも、高額な医療費を自費で建て替なければ場合もありますので気をつけましょう。


・常備薬

普段飲んでいるもの、酔い止め、頭痛薬、胃薬など。

全て持っていく必要はないが、乗り物酔いする人は絶対に最終チェック。

そうでなくとも、旅行先の水や食べ物が合わなくて調子を崩す場合があるので胃薬は持っておくといいですね。


・メガネ、コンタクト用品

裸眼の人は必需品ではありませんが、日中はコンタクトという人ほどメガネを忘れやすいもの。

また、コンタクトの洗浄液など、家でしか使わない物も忘れやすいので注意しましょう。

以上が男女共通で忘れずにチェックしておきたい持ち物リストになります。

男子の持ち物として必需品は?

続いては、男子限定の持ち物チェックリストを見ていきましょう。

・ひげ剃り

高校生くらいになると、必需品になってくるのがひげ剃り。

電気シェーバーはかさばるので、T字タイプの使い捨てひげ剃りがおすすめ。

こんなシェービング付きのトラベルセットがとっても使いやすいです^^


・制汗剤やボディーシート

車内が暑かったり観光をしている間に汗をかくこともしばしばあるので、サッと汗の処理ができるものを持っておくと良いですね。

汗の臭いを消すために香水を使って満足しているのは男子だけで、女子には大批判をくらうので絶対にNGですよ!


・ゲーム類

必ず暇な時間がやってくるのが修学旅行あるある。

携帯ゲーム機で通信対戦もいいが、ここぞとばかりにカードゲームが男子は盛り上がる( ̄ー ̄)ニヤリ

トランプやUNOしかり、1つは忍ばせておくと重宝します。


・イヤホン

携帯と充電器はしっかり持ってきたけど、「やべっ忘れた!」という男子が多いのがイヤホン。

眠れない時は音楽を聴くなど活躍必須のアイテムなので、必ず準備しておきましょう。

女子の持ち物として必需品は?

最後に、女性限定の持ち物チェックリストです。

・スキンケアアイテム

トラベルセットや試供品だとかさばらなくて便利です。

肌トラブルがおきやすいので、化粧水、乳液、ハンドクリームなどは絶対に普段使っているものがおすすめです。


・ヘアケアアイテム

スキンケア同様に、宿泊先のシャンプーを使うと髪がゴワゴワになりやすいですよね。

可能ならシャンプーやヘアオイルにプラスして、ヘアアイロンなどを持っていきたいところ。

普段使っている物を持っていくのは流石に無理!という方は、

こんないつもよりもワンランク上のトラベルセットもおすすめ。

帰ってきた後も、化粧ポーチとして重宝しますよ^^


・生理用品

旅行先は環境が変化するので、突然生理がくることもあるので、予定日ではなくとも必ず持っていきましょう。

普段より気持ち多めに、生理痛が酷い人は鎮痛剤も合わせて持っていくのもお忘れなく。


学校によって、これはダメ、これは良いという規定はありますが、普通の旅行に行くつもりで自分に必要なものを準備していけば、ほぼ大丈夫です。

ただし、個人個人によって違いますが

・忘れると借りにくいもの

・忘れると恥ずかしいもの

・忘れると絶対的に困るもの

これらは、ぬかりのないように前日までには必ずチェックしておきましょう!

万全の体制が整いましたら、高校生活の最大の思い出を心ゆくまで楽しんできてくださいね^^

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ