プール熱の予防と治療※アデノウイルスの驚異的な感染力とは

プール熱ってご存じですか?

きっとあなたも名前くらいは何となく聞いたことありますよね。

その正式名称は咽頭結膜熱といい、プールの水を介して感染することからプール熱と言われています。

名前がそのまますぎて、あまり深刻な病気のようには思えないんですが…

実は非常に感染力が高く、夏の時期に子供の間で爆発的に流行するため、とくにお子さまをお持ちの親御さんは要注意なのです。

トクする君の息子も今年からいよいよ小学生なので、今夏からは一層気をつけていかなければならないと思っています。

今回はそんなプール熱について、症状から早めに意識しておきたい予防策などをしっかり見ていきましょう。

スポンサーリンク

プール熱の症状と感染ルートを抑えておこう

kansen-route

プール熱の原因は、アデノウイルスというウイルスです。(恐竜みたいな名前ですね・・・)

このウイルスに感染すると潜伏期間は約5日~7日と比較的長い期間を経て、

39~40℃の高熱、咽頭痛や結膜炎、頭痛、吐き気、腹痛、下痢などを発症し、4,5日続きます…。

小さい子供が感染すると熱による脱水症状になり、危険な場合もあります。

さらに、このアデノウイルスは感染力が強いのが非常に厄介なところです。

プール熱と言われるため、水を通しての感染ルートが最も多く、他にもくしゃみなどの飛沫感染、目やにや、便からも感染します。

そのため、兄弟のうち一人が感染した場合は、その家族が二次感染にかかりやすいという特徴があります。

アデノウイルスが原因となるプール熱かどうか判断するポイントは、

1.高熱が続き、しかも下がりにくい

2.結膜炎により目が充血する、目やにか多い

3.喉の痛み

この3つの条件が揃えば、まずはプール熱を疑いましょう。

単なる夏かぜかどうかを見分けるポイントとは、ずばり目の異常になりますので発熱が見られたら充血や目やにの量を注意深くみてくださいね。

プール熱の予防法は二次感染を防ぐことが大事

プール熱の予防は、風邪と同じように手洗い・うがいを徹底すること。これはまず基本中の基本です。

それ以外では、プールでの感染率が最も高いので、必ずゴーグルをする、

プールに入る前後のシャワー、そしてプールに入った後の目には、涙液と同じ濃度の点眼薬などをして予防しましょう!

また、すでに家族が感染しまった場合には必ずマスクをすること。くしゃみなどの飛沫によっても感染しますのでご注意を!

目やにやなどの分泌液からも感染するので、こまめにきれいなガーゼを濡らしたものなどで拭き取って清潔にしてあげましょう。

目やにを拭いたガーゼは袋を二重にして廃棄すること。とくに排泄物にもウイルスが混じりますので、トイレの後は手洗いに加えて消毒までするのがベストです。

そして治ったと思っても要注意!

熱が下がってから1週間程度はウイルスはしばらく便などに居座っています。

もしもプール熱が発症してしまったら?治療法は何が考えられるか

medicine

どんなに予防をしていても、感染してしまったらしょうがありません。一刻も早く治療を心がけたいところですよね。

ただ、プール熱の治療法ですが…。

病院にいっても、アデノウイルスに効く薬はありません。

じゃあどうするのか・・・?シンプルではありますが、とにかく安静にするのみ!これが何よりの特効薬です。

ただ、小さいお子さまが熱を出したときは、脱水症状や他の合併症の危険性がありますので、できるだけ早く小児科へ連れていきましょうね!

熱がひどいときは解熱剤、喉が痛すぎるときは抗炎症剤内服薬、結膜炎のときは二次感染予防に抗生物質入りの点眼薬をそれぞれ処方してくれます。

インフルエンザやノロウイルスのように非常に強い感染力を持つプール熱。水疱瘡やおたふくかぜのように学校伝染病第2種に指定されていますので、

発症してから完全に熱が下がるまで、そして完全に熱が下がってからさらに2日間、

トータルして約1週間は学校、幼稚園(保育園)等の登校・登園は禁止されています。

圧倒的に幼児や小学生の感染が多い疾患ではありますが、大人が感染しても同様の症状が出るため非常に辛い病気です。

夏の時期、とくにお子さんがいらっしゃるご家庭は家族全員で日頃から予防を意識するようにしてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ