薄紫のコーデは柔らかい印象を与えてくれるから組み合わせはコレ!

西洋ではラベンダー、日本では藤の色として親しまれている薄紫。

顔立ちを優しく見せてくれ、なんとなくミステリアスな雰囲気を醸し出す色ですが、どんなコーディネートが良いか悩んでしまいますね。

今回は、そんな悩みを抱えている当ブログの読者さんから、

ぜひ薄紫のコーデの記事も作って欲しい!

というありがたいお言葉を頂きましたので、コーデ担当のトク娘が薄紫のコーディネートについて詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

薄紫が与える印象からコーデを考えていこう!

よく「●●色が好きな人はこんな人!」なんて雑誌やテレビなんかで見かけることがありますよね。

私もついつい見入って「ふむふむ」と言いながら自分の性格と照らし合わせてしまうわけですが、

色と性格は昔から深く関係していると考えられていて、あながち間違っていないのものなんですね。

これに当てはめると紫色の好きな人にはこんな傾向があると言われています。

  • 感性が強く芸術に長けている人
  • 直感が鋭く創造性が高い人
  • 団体に属すより一人でいるのが好きな人
  • 繊細で神秘的な人
  • 美意識や精神性が高い人

あなたも当てはまるところはありませんか?

裏を返すと、紫色のコーデがしっくり来ている人は、こうしたイメージを相手に与えると言ってもいいですね。

ただ上記を見る限り、紫色はやや冷たい印象を与えてしまう要素が強くもあるわけですが、

同じ紫でも薄紫色は、見る人に精神的な疲労から人を解き放ち、ストレスを軽減させ、心を穏やかにする効果が期待できると言われています。

つまり、紫でも全体的にマイルドなコーデが可能ってことなんですね^^

そのため、薄紫と合う色には、

デニム色やネイビー、ブラック、ブラウン、グレー、ベージュ

こうしたベースカラーとの相性が抜群で、ボトムスが薄紫の場合でも同様の考え方でOKです。

薄紫は柔らかいトーンの色なので、トップスかボトムスのいずれかに原色の濃い色を合わせると負けてしまったり、

ボトムスが変に目立ってしまいますので、この辺に気をつけてコーデを組んでいきましょう!

薄紫コーデで決める!レディース編

合わせやすい色には先に挙げた白、ネイビー、ブラウン、ブラック、グレー、ベージュがありますが、特に女性にオススメしたいのは白です。

白のボトムスのブームは4~5年前から続いていますし、柔らかいラベンダー色との相性がよく女性らしさを引き立たせてくれます。

白と一口にいっても、まぶしい真っ白に少し生成りっぽい目に優しい白などいろいろありますが、いずれも薄紫との相性は良いと思います。

あとは季節に合わせた素材感や流行のシルエット、柄など幅を広げて楽しみたいですね。

具体的にあげると、

・ガウチョやスカーチョなどのゆったりしたシルエットのボトムスと合わせたリラックススタイル

・ミモレ丈のフレアースカートと合わせたフェミニンなスタイル

・スキニーパンツと合わせてかっこいいスタイル

・ひざ丈のタイトスカートと合わせてオフィスカジュアル

こちらを参考に季節によって薄紫の取り入れ方を実際の商品から見ていきましょう。

春は薄紫のストールで決める!

トレンチコートにアクセントカラーとしてストールで薄紫を。

春とはいえ肌寒い日もありますし、首にサッと巻いたり、お花見のひざ掛け代わりに、バッグにさりげなく着けたりと幅広く使えます。

夏のサマーニットで涼しさを演出!

袖の折り返しが可愛らしいサマーニット。

裾をガウチョにインして今風に。

あえて裾を出してスリムパンツに合わせて大人っぽく着こなしたい1着。

秋のケーブルニットでフェミニンに!

流行のケーブルニットを薄紫で女性らしく。

あえてインナーを着ずに、ざっくりとラフに着こなしたいですね。

冬はラベンダー色のニットでさり気なくアピール

ゆったりとしたシルエットがかわいいラベンダー色のニット。

裾をボトムスに少しインしてこなれ感を出して着こなしたいですね。


薄紫は優しい色合いながら存在感があるので、冬や春先のコートの上からサッと巻けば季節感が出てコーディネートのアクセントになってくれます。

薄紫を際立たせたいということなら、赤や黄色、オレンジなどの同系色で、かつ濃い原色とはあまり合わせないほうが無難です。

アクセントカラーが多すぎるとうるさい印象になりがちです。

ベースカラー数色+薄紫

くらいが、スッキリとまとまってスマートに見えますよ^^

薄紫コーデで決める!メンズ編

男性ともなると、薄紫色のボトムスはなかなか入手できないので、トップスが薄紫という風になりますね。

合わせやすい色は女性と同様なのですが、特に男性にオススメしたいのはトップスに薄紫、ボトムスにベージュを合わせるコーディネートです。

男性ファッションでも白のボトムスが流行していますが、薄紫と白だと女性っぽい印象が強くなってしまうので、

ボトムスにはブラウンやベージュなどの男性らしさが際立つ色を持ってきたほうがコーディネートにメリハリが出ます。

しかし、トップスに1色、ボトムスに1色だとなんとなく視覚的に寂しい印象になりがちです。

そこでオススメしたいのが、シャツのチラ見せです。

シャツは普通のTシャツのようなものでも、襟付きのものでも構いません。

主張が強い感じではなくて裾からチョイっと見せる感じです。

スッキリ見せたいならば白がオススメです。

では、メンズの季節に合わせた薄紫コーデも見ていきましょう。

春はビジネススタイルに薄紫を取り入れる!

春のうららかな雰囲気にピッタリの薄紫のネクタイ。

トップスに薄紫を持ってくるのは抵抗があるのならば、小物で取り入れてみてはいかがですか?

薄紫色のYシャツなどもオススメです。

夏はポロシャツで楽チンスタイル

人気のPOLOのポロシャツも紫なら他にはない個性が出ます。

そして同じパープルでも薄紫にベージュのボトムスを合わせて涼し気を演出しましょう。

秋はリュックに薄紫はいかが?

秋と言えば行楽の季節。

ハイキングや紅葉狩りなどの秋の行楽のお供に薄紫のリュックはどうですか?

定番のブランドも一味違った楽しみ方が出来るかも!

冬はあったかカシミヤニットで薄紫を!

どうせ長く着るなら素材にこだわった逸品を。

先に挙げたようなシャツをチラ見せしてメリハリを付けて着こなしたいですね。


いかがでしたか?

今回、薄紫色コーデのリクエストをくれた読者さんのお役に立てたのであれば、とても嬉しいです^^

もちろん、ご覧頂いているあなたにとってもコーデのヒントになれば幸いです。

他人に柔らかい印象を与えてくれる薄紫。

紫の中でも比較的合わせやすい色なので、ぜひ上手にコーデに組み込んでくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ