オレンジコーデは着こなしが難しい!?合う色・合わない色

服装の色という中では、決して人気とは言えない「オレンジ」。

だって、他の色と合わせるのが難しいから!

あなたも、そう感じているはずですよね?

今回は、

「あ、こうやればオレンジも自分のコーデに取り入れられる」

をテーマに組み合わせ方のポイントを詳しく解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

難しいと思われるオレンジコーデの考え方

orange-coordination

オレンジは似合う、似合わないがあると思っている方が多いですが、同じオレンジでも

白に近いものから黒に近いもの

まであるので、その幅の中で自分に一番合う色を探すことが大事です!

オレンジを取り入れれば、あなたのコーデの幅もきっと広がります。

とはいえ、オレンジは何と言っても他の服と色を合わせるのが難しいです。

なるべく暗めのオレンジを選ぶとコーデがまとまりやすいのが特徴です。

紫は全体のまとまりがなくなるので基本はNG。

原宿系のような派手なコーデでインパクトを出したいというのであれば別ですが、基本は合わない色ですね。

紫っだって合わせ方は難しいじゃん!と思った方はこちらもチェック!

紫コーデを服装のローテーションに取り入れるためのコツ

暗めのオレンジは、トップスでもボトムスでも茶色やベージュの同系色の落ち着いた色が合います。

なので落ち着いた大人コーデが好きな方には、オレンジコーデは向いていると言ってもいいでしょう。

では論より証拠。実際のアイテムからオレンジコーデを考えていきましょう。

オレンジコーデで決める!レディース編

まずは、女性におすすめのオレンジコーデのアイテムをご紹介します。

大人っぽいコーデの参考にしてください。

画像ではピンクですが、もう一色のオレンジが、形にマッチして大人っぽさを出してくれます。

ベージュのトップスや薄手のベージュのジャケットと組み合わせると、とっても綺麗にまとまります。


涼しげなワンピースに赤みの強いオレンジがエレガントさを強調します。

すっきり見せたい人は、腰のところでベルトを巻くといいですよ^^

少し高めのハイヒールと合わせるとさらに上品に♪


オレンジのタイツは履いてるだけで目立ちますが、白やベージュのコーデに合わせて、オレンジが浮きすぎるのが気になる人は、

黒のニットワンピなどで引き締めて、ポイントにタイツを使ってください。

コートの前を開けてトップスやボトムスを白や茶色でまとめると、全体的に優しい印象になりますのでご参考に!

オレンジコーデで決める!メンズ編

次はメンズのおすすめアイテムです。

薄手のライダースは春や秋にスマートに着れておすすめです。

こちらは首もとが変幻自在なので一枚でいろいろな雰囲気を楽しむことができますね。

V系が好きな方には1枚持っておきたいオレンジアイテムですね


オレンジ色が薄いので使いやすいショートパンツ。

白オレンジのボーダーもおしゃれです。

白に近いのでどんなトップスにもあわせることができますので、いつも無難な色をセレクトしちゃう方は、ぜひ積極的に取り入れてみてください!


かっこよくも可愛くも見せてくれるダッフルコートは、メンズならオレンジが絶対におすすめですね。

中の服は、白系の薄い色が相性がいいですよ♪


いかがでしたか?

ちょっと取り入れにくいなと思っていたオレンジも、色の幅があることがわかれば自分の今のコーデの中にも取り入れられそうですよね。

自分に取って新しい色を取り入れるのは勇気がいるかと思いますが、普段とは違う印象を与えるならオレンジコーデをおすすめします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ