鼻うがいは正しい方法なら効果的と言われるかぜ対策!

小さいころ母親に、「外から帰ってきたら手洗いとうがいをきちんとしなさいね!

と耳にタコが出来るくらい言われた記憶があなたもありますよね?

もちろんそれはかぜ対策としては今も昔も変わらない予防策に間違いありません。

でも、手や喉と同じくらいバイ菌が入りやすい部分をあなたはご存知でしょうか?

それは、「鼻」です。

かぜのウイルスは、口だけでなく鼻の粘膜からも体内に入り込みます。

また鼻と喉は通じていますので、鼻を通って喉にもウイルスが簡単に侵入してしまいます。

そのため、手や喉を洗浄するのと同じように、鼻も日々洗浄することがかぜを予防する対策としては非常に効果的なのです。

鼻洗浄は医学的には古くから知られている言葉ですが、一般的に広まっているのは鼻うがいという言葉です。

ここでは、そのかぜ予防に最適と言われる、鼻うがいの方法や行うにあたっての注意点について詳しく解説しています。

スポンサーリンク

効果的な鼻うがいの方法とは?

hanaugai

最近では、ドラックストアで、ある季節になると鼻うがい薬が目立つ所に陳列されるようになりますね。

その季節とは花粉が飛びはじめる季節ですが、もともと鼻うがいが世間的に広まったのは花粉対策の一つからでした。

そのため、未だにかぜ予防対策として鼻うがいをする方は決して多いとは言えないので、鼻うがいはしてみたいけど、どうやってわからないという方も多いのが現状です。

そこで、数ある鼻うがいの方法の中でも、ここでは初級者向けに最も簡単な方法をお伝えしていきましょう。

STEP1:食塩水を用意する

鼻うがいには体内の塩分濃度と同じ0.9%の食塩水を使用します。

市販で売られている生理食塩水を購入しても良いですが、2リットルのペットボトルに大さじ1杯の食塩を入れればできますので、自分で作ったほうが経済的。

ただし、水道水は塩素が入っているため使用の際は一旦沸騰させるのがベター。そして25度~30度くらいまで下がってから、食塩を入れるようにしてください。

STEP2:片方ずつ食塩水を吸い込む

出来上がった食塩水は洗面器か大きめのボウルに移し替えて下さい。

その食塩水に顔を近づけ、どちらか一方の鼻を抑えながら飲み込まないように、ゆっくり食塩水を吸い込み、軽く息を止めます。

STEP3:食塩水を鼻から出す

食塩水を吸い込んだら洗面器から顔を外し、鼻から食塩水を出します。

この一連の動作を3~5回行います。終わったら片方の鼻も同じ要領で行います。

STEP4:軽く鼻をかむ

両方とも鼻うがいが終了したら、最後に鼻を軽くかみます。

この時鼻詰まりをしている場合は、奥に溜まったものがすっきり出てくる感じがわかります。

ここまでが最も基本的で簡単な鼻うがいの方法となります。

この方法に慣れてきたら、吸い込んだ食塩水を鼻から喉に落として、口から食塩水を吐き出す動作を加えるのもOKです。

これにより、鼻と喉の殺菌ができますので、より高いかぜの予防効果につながります。

ただし、無理をすると鼻の粘膜を傷つけることにもなりますので、鼻から吸い込んで鼻から出すだけでも十分効果がありますので、無理をしないようにしましょう。

鼻うがい専用のネティポットという容器を使うのも衛生的でやりやすいと評判のようですね。

この他にもやり方は1つではないので、今回ご紹介した基本的な鼻うがいに慣れたら、色々試して自分に合った方法を見つけていきましょう!

鼻うがいをする時の注意点もしっかり抑えておこう

鼻から入れるのに、最初は抵抗があるかもしれませんが慣れてくればクセになってくるのが鼻うがいの特徴です。

ただ、気をつけておきたい注意点がいくつかありますので、以下に記載しておきます。

1)真水で鼻うがいはしないこと

鼻うがいをするにあたって、面倒臭がって真水で使用とする方も見受けられます。

真水を鼻から入れると体液と水の浸透圧の違いで、鼻や耳の奥に激しい痛みを伴います。

プールで飛び込んだ時に鼻に水が入った時の「ツーン」とした何とも言えない痛みと言えばお分かりになると思います。

そうならないために、体液に近い0.9%食塩水を使用することを覚えておきましょう。

2)使用する器具類も清潔に

せっかく沸騰させた水を使用しても、洗面器やボウルが不衛生ではバイ菌を鼻から入れるのと同じことになってしまいます。

そのため、食塩水を入れる器具も加熱殺菌するか、消毒用アルコールなどで予め拭いて清潔にしておくようにしましょう。

3)鼻から吸い込んだ食塩水はできるだけ飲み込まないように

思い切って鼻から食塩水を吸い込んでしまったり、喉に落としてそのまま食塩水を飲み込んでしまうケースがあります。

それ自体は体液と同様の物を体内に入れているに過ぎませんので問題はありませんが、耳にも近いため、鼻から吸い込んだ食塩水が耳に流れる可能性が非常に高くなります。

その結果、大量に食塩水が流れこむと中耳炎になることがありますので、できるだけ飲み込まないようにという意識は持つようにしましょう。

こうした注意点を事前に踏まえた上で、手洗い・うがいとともに鼻うがいを日頃から実践すると、かぜに負けない抵抗力をつける効果が期待できます。

大事な時にカゼになったら困る!という、日々忙しいあなたは、ぜひ鼻うがいを手洗い・うがいにプラスしてみてくださいね^^

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ