夏バテの原因から予防の対策グッズや食べ物をセレクトしよう

今年も開放的な暑い夏がやってくる!夏好きの人にはとにかく待ち遠しいこの季節。

一方で、毎年のように夏バテしてしまう人にはたまったもんじゃありませんよね^^;

今年こそ夏バテをせずに上手に乗り切りたいと思ってらっしゃることでしょう。

そこで今回は夏までの原因からヒントを得て、夏バテを乗り切るグッズやレシピをとことんご紹介してまいります!

スポンサーリンク

夏バテの時期や症状

natsubate-women

実は夏バテにははっきりした定義がなく、いくつかの特徴的な症状を総称して「夏バテ」と呼んでいるんですよね。

夏バテになると、自律神経が失調してしまうことが多いのですが、自律神経は全身の機能に影響を及ぼすので、次のような症状がでてきます。

全身の疲労感
体がだるい
無気力になる
イライラする
熱っぽい
立ちくらみ
めまい
ふらつき
むくみ
食欲不振
下痢
便秘

これらの症状が暑い夏に起こるわけですから、非常に辛いです。

ましてや赤ちゃんや幼児は、脱水症状になりやすく、高齢の方は日射病や熱射病を起こし衰弱しやすいですから、夏バテを安易に考えてはいけません。

夏バテの原因とは

夏になるとなぜ夏バテと呼ばれるこのような症状がおこるのでしょうか?

主な3つの原因について説明いたします。

体内の水分とミネラルが足らなくなる!

人間の体温は36~37度のときが一番活発に動くと言われています。

夏になると気温が上がるに伴って、体温も上がるため、身体は汗をかいて体温を下げます。

しかし汗は、体内の水分と一緒にミネラル分も体外へ出てしまうため、身体に必要なミネラル分も大量に失われてしまいます。

すると身体は、脱水症状をおこすなど、体調に異常をきたすのです。

暑さによる消化機能の低下と栄養不足 !

暑いと胃の消化機能が低下してしまい、栄養の吸収が悪くなり、食欲不振を起こします。

栄養の吸収が悪くなると、

ビタミン、ミネラル、たんぱく質といった、身体に 必要な栄養素が不足

これによって夏バテの症状が出やすくなります。

また、暑いからといって冷たい飲み物をとってばかりいると、胃腸が冷えてしまい、胃の働きが低下し、さらに食欲 がなくなってしまいます。

暑さと冷房による冷えの繰り返しはダメ!

冷房が効いた部屋から、暑い外へ出たとき、めまいやたちくらみを感じたりすることがありますよね。

これは体温を調節する自律神経が、気温の変化に対応しきれなくなり、

自律神経失調症を引き起こしているのが原因です。

自律神経の働きをスムーズにし、上手に体温を調節するためには、中と外の温度差を5度以内にし、水分補給を忘れないようにすることが大切です。

夏バテの原因から考える対策グッズ

こうした夏バテには3つの原因あることを理解した上で、夏バテ対策グッズを用意していくことが大事ですね。

▼栄養補給サプリメント

外での活動や仕事が多い人は、ビタミンB1,B2とビタミンC、ナイアシン、クエン酸が必要です。

これらが含まれているサプリメントを活用しましょう!

マルチビタミン 、ロイヤルゼリー、黒酢、もろみ酢 、フルーツ酢などがおススメ。

▼室内と外との温度差を防ぐグッズ

オフィスワークが中心の方は、室外差による体温調節のバランスを崩しやすいので、

ひざかけ、カーディガン、 はらまき、麻のシャツなどを使って調節しましょう。

▼熱帯夜でも熟睡するためのグッズ

体温調節を考えれば、クーラーはあまりに温度の低い設定にはしたくないもの。

寝ゴザ 、竹シーツ、 麻の半袖パジャマ 、安眠用シーツ、氷枕 などを上手に活用していきましょう。

▼「涼」を取るためのグッズ

クーラーに頼らずに日本的な「涼」をとり、気持ちも涼しくしましょう。

風鈴 、すだれ 、除湿機などです。

病は気からという言葉もありますが、自律神経を調整する役割につながります。

このように、普段のあなたの生活環境に合わせた対策グッズを用意していくことが夏バテ対策には必要です。

夏バテ解消に効果のある食べ物とレシピ

夏バテで最も顕著にあらわれる症状が「食欲がなくなること」

この積み重ねによって、症状はどんどん悪化の一途を辿ってしまいます。

そのため、食欲がなくなる前から夏バテ解消に効果のある食べ物を積極的に取っていきたいものです。

夏バテ解消効果のある食材といえば、ゴーヤが最も効果があります。

独特の苦味があることから苦手な方も多いですが、切り方を知らない人が多いですね。

このように斜め45度に切って、炒めることで苦味は大分軽減されるんですよ^^

レシピとしては、王道ですが、ゴーヤチャンプルは絶対に外せませんね。

材料は、ゴーヤ、卵、ポーク、かつおだし、です。

まず、ゴーヤの種を綺麗にとってから2,3ミリにカットします。

そして油を熱してポークを炒めてからゴーヤも炒めます。

かつおだしを加えてかき混ぜながら蒸し、とき卵を加え、醤油をひと回しいれたら完成です☆

ただでさえあれこれしたくない夏だからこそ、簡単なレシピにこだわってゴーヤを使った料理を初夏のうちから食べてくださいね。

気がついたら終わってた!今年はそんな夏の季節を過ごしていきましょう^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ