鍋の残りをアレンジしたいと思うあなたの冬の悩みを解決!

冬の定番料理といえば鍋!

寒くなってくると早く食べたてしょうがないものですし、忙しい主婦には切って入れるだけの非常に助かる料理。

とはいえ、

ついつい鍋が続いてしまって子供たちが飽きてしまう

鍋の残りをリメイクしようにもいい方法が思いつかない

毎年のように同じ悩みを抱えてしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで、鍋の残りをアレンジして翌日に使う方法を詳しく紹介していきましょう!

スポンサーリンク

翌日使える鍋の残り物アレンジをご紹介!

nabe-nokori-arrangement

まずは、ほとんどの鍋で対応できるアレンジ法を2つご紹介していきます。

鍋の残り物でお好み焼き

丼1杯分程度の鍋の残りを準備します。

そこにキャベツを足して好きな具材を足して小麦粉とたまごを入れます。

後はお好み焼きを焼くのと同じで中火で5分程度焼いてください。

そのままでも出汁の効いた美味しいお好み焼きですが、お好みでマヨネーズ等をつけて食べてもOKです。

鍋の出汁が活きる!定番のカレーうどん

鍋の残り物の定番と言えるカレーうどんですが、味付けはめんつゆやカレールー、水を加えましょう。

寄せ鍋は魚介系、トマト鍋は洋風系、意外や意外にキムチベースのチゲ鍋も相性がいいからおすすめですよ^^

鍋の残りで翌日のお子様のお弁当にリメイク!

その日の残り物を翌日のお弁当に、ということは主婦のあなたにとっては当たり前かもしれません。

でも、鍋の残り物はさすがに・・・そう思っていませんか?

前日の鍋に一手間加えれば、翌日のお弁当のおかずもできちゃうんですよ^^

例えば、鍋の残りの野菜の汁気をよく切って、スライスハム又はベーコンを加えて軽く炒めてみましょう。

味付けはすでについているので、シンプルに塩コショウだけでもOK。

隠し味にウェイパー(または創味シャンタン)を加えると、よりコクが出るのでおすすめです。

ウェイパーはダマが残りやすいので、少量ずつをよく混ぜながら降っていくことです。

味にムラがなく仕上がってお弁当のおかずとしては程よい味の濃さに仕上げることができます。

味付けを少し加えることで、前日の鍋の味とは違った少し中華風なお弁当のおかずになります。

これは納得!トマト鍋のアレンジ料理

どのような鍋料理をしたかによってアレンジ方法も考えないといけないですよね。

お子さんに人気の鍋といえば、トマト鍋の声が多いようですが、

今回は、そのトマト鍋の残りのアレンジ法としてこれはおすすめ!というものが動画でありましたので紹介します。

作り方はシンプルで簡単ですが、なかなか深みのあるナポリタンをトマト鍋の残りで作る方法です。

まずは、パスタを茹でます。茹で上がる頃に残っているトマト鍋に火を点け温めます。

温まったところで茹でたパスタを投入。

鍋の火を止めてから、とろけるチーズを入れてください。

たったこれだけですが、前日のトマト鍋が見事にナポリタンに変身します^^

また、トマト鍋はミートソースの代わりとしても使用することができるんですね。

前日のトマト鍋の残りに、ひき肉を加えて鍋を温め、茹でたパスタの上からかけると市販のミートソースとは違った味が出て普段とは違った味を楽しむことができますよ。


鍋料理は家族で楽しく料理をするには欠かせない献立と言えます。

ただ、毎回のように中途半端に残ってしまうのもまた、鍋の悲しい現実ですよね。

しかし、鍋の種類によって様々なアレンジ方法があり、その中には思っているほど手間のかからないものも多数ありますので、

ぜひ今回のアレンジレシピを参考に翌日の献立に活かしてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ