マフラーの巻き方で男性がオンとオフの両方で格好良く決める!

様々なビジネスシーンにおいて、少しでもお洒落に見せたいと考える若いサラリーマンは多いはずです。

夏場と違い、ネクタイやコート、マフラーなどでお洒落を演出することが可能になる冬場については他の人と違いを出せるチャンスでもあります。

そんなビジネスシーンに合わせたマフラーの選び方、巻き方をまとめてみました!

スポンサーリンク

ビジネスシーンと休日に使い分けたいおすすめのマフラー

ビジネスシーンで使うマフラーと休日のカジュアルファッションで使うマフラーを変えることもお洒落の1つですね。

まずはオンとオフでそれぞれおすすめのマフラーを紹介します。

ビジネスシーンに合ったマフラー

アクアスキュータムの商品で7つのカラーがラインナップされています。

是非ビジネスシーンで他の人達と差をつけるアイテムとして使用したい1品です。

ヴィヴィアンウエストウッドマフラー

ヴィヴィアンウエストウッドと言えばファンも多いブランドの1つです。

ビジネスシーンにおいては1つのアクセントとして使用することができるアイテムです。

カラーも12色と豊富に準備されていて自分のビジネスウェアーに合わせて選ぶことができます。

カジュアルな休日のファッションを飾るマフラー

カジュアルシーンの王道とも言われるタータンチェックの大判のマフラーは使い方もバリエーションが豊富でオフの日には重宝できるアイテムです。

カラーバリエーションもあるのでどんな服装に合わせやすいタイプのマフラーと言えます。

ストライプ柄のマフラー

ストライプ柄もチェック柄と同様に人気のアイテムです。

カラーを合わせればどんな服装にも合わせやすいという点ではチェック柄同様に重宝できるアイテムです。

今回はそんなストライプの柄が20柄ラインナップされています。定番だからころ柄を選んで服装と合わせてお洒落を演出しましょう。

大人の男を演出できる巻き方

男性にとってスーツに合わせてマフラーを巻く時にスマートに見える巻き方は是非とも知っておきたいものです。

あまり首元に膨らみを持たせたくないと言うのは男性なら誰しもが考えることです。

そんな時にお薦めなのでこの巻き方です。

首元で簡単に通すだけ、巻くだけの巻き方ではカジュアル感が強くなってしまいます。

カジュアル過ぎず首元の膨らみを抑えられるのでお薦めです。

同じように首元をシンプルに抑える巻き方としてはタイノットと呼ばれるネクタイ結びに近い結び方もあります。

これも首元の膨らみを抑えながら、首元を締めているのでビジネスシーンでも使える巻き方です。

防寒性もしっかりと締めている分高くなります。

少し個性的にという人にはアスコット巻という巻き方がお薦めです。

スカーフの巻き方によく使われますがマフラーでもできる巻き方で少し個性的なアピールができるはずです。

オフの日のマフラー

カジュアルな服装に合わせるのに知っておくと色々と使えるのがこのイタリア巻きと言われる巻き方です。

注意すべきはマフラーのカラーと服装とに同系色を入れておくという点です。

もう一つはこのイタリア巻きには少し長めのマフラーを準備することがお薦めです。

カジュアルの定番といえば肩掛け巻きです。

マフラーを首周りに1周から1周半させて結び目を作らないタイプのこの巻き方は締め付け感もなくオフらし巻き方と言えます。

ねじり巻きも簡単でありながらオフのお洒落を演出できる巻き方の1つだと言えます。

マフラーをねじった状態にして体の前で軽く結ぶというだけのシンプルなものですが、結ぶ高さでも印象が変わってくるので服装によって変えることができます。


【女子のマフラーの巻き方はこちらの記事で】

マフラーの巻き方で女子が極めるおしゃれスタイルの掟

ビジネスシーンにおいてもプライベートシーンにおいても首元の演出に大きな効果をもたらすのがマフラーです。

そして、意外と個性を出せるのがマフラーなんですね。

色々な種類やカラー、巻き方を知ることで周りとは少し違ったアピールをすることができます。

あなたも是非、お洒落をアピールできるマフラーの使い方を覚えてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ