マスキングテープリボンの作り方♪簡単におしゃれに見せる!

マスキングテープを上手に使って、プレゼントに1つアクセントを加えたいと考える女性は多いはず

マスキングテープで作ることのできるリボンにはたくさんの種類がありますよね^^

出来るだけ簡単に、でもお洒落なリボンを作ってお祝いやプレゼントを飾れたら・・・

あなたもそう考えているのではないでしょうか。

そこで今回は可愛く、簡単に作れるマスキングテープでのリボンの作り方をまとめてみました。

スポンサーリンク

マスキングテープを使ったベーシックなリボンの作り方

まずは、最も簡単に、かつおしゃれもしっかり演出できるベーシックなリボンの作り方をご紹介します。

まずは、マスキングテープを適当な長さに切ります。

その後で作りたいリボンの大きさを決めましょう。

作りたい大きさが決まったら、マスキングテープを作りたいリボンの長さの2倍の長さにカットしましょう。

テープの片方の端に両面テープを貼ります。

この時両面テープの太さの半分のところで貼り付け、残りの半分には反対の端をつけて輪っかを作れるようにしましょう。

その輪っかを綺麗に重ねると作りたいリボンの長さになります。

リボンの中央になる部分を山折りにします。

太めのリボンを作りたいときは山の数を変えて調整することができます。

山折りした中央部分を糸で3、4周回して巻きましょう。

この時に糸で結んだ位置と左右のバランスには注意してくださいね。

中央の糸で結んだ部分を別のテープで固定します。固定のテープは糊止めします。

その際にはグルーガンを使うとしっかりとした作業ができるので、ぜひ活用してくださいね。

マスキングテープのリボンをアレンジする方法

続いては、ちょっとアレンジしたリボンの作り方を紹介します。

異なる種類のテープを2種類用意します。

まずは、2つのテープを同じ長さにカットしましょう。

そして、リボンとなるテープの端を波のようになるようにカットします。

リボン結びをしたようなリボンを作りたいという場合には同じテープを2種類使えばOK。

1つはテープをそのまま長めに1本準備します。もう1つは輪っか状にして準備しましょう。

長めにカットしたテープの上に輪っか状のテープを重ねるようにして置きます。

そのままの状態で輪っか状のテープの中央を別のテープで巻いて固定しましょう。

長めのテープがリボンの足のようになり、しっかりとしたリボン結びのような形が出来上がります。

また、ちょっと難しそうに見えますが、

インパクトは抜群のロゼットリボンもおしゃれアレンジの1つ。

作り方は簡単で、材料も身近にあるもので揃えられますので、こちらの動画を参考にしてみてくださいね。

ちなみに、マスキングテープは足の部分に使用します。

使用するマスキングテープは、円形の模様に合わせた単色柄を選ぶと良いでしょう。

リボンに使ってお洒落なマスキングテープ

ひと言でマスキングテープと言ってもほんと種類も柄も太さも様々ですよね。

あなたの作りたいリボンを作るには、一体どのような種類のマスキングテープを選べばよいか。

そうした悩みもあると思いますので、ここでリボンに合うおすすめのマスキングテープを何点かご紹介しておきます。

色鉛筆で書いたようなボーダーで人気のあるマスキングテープがこちらです。

マスキングテープでリボンを作る場合に苦戦するのは模様描きです。それをシンプルに補ってくれるのがこの商品です。

こちらもインパクトを与えるという意味では人気のある商品です。

テープそのものに刺繍が施されているのでリボンにする際にそのまま作っても綺麗な柄入のリボンを作ることが可能です。

プレゼントをする相手によっては非常に喜ばれるのがこちらの商品です。

柄は図鑑タイプでいくつかのパターンがあります。

特に子供のプレゼント等に使うと喜ばれますよ^^


マスキングテープを使ったリボンの作り方は基本的な部分はそんなに変わることはありませんが、

柄や太さを変えることによって出来上がりの印象をとっても変えることができるのが魅力です。

プレゼントやお祝いに添えるリボンが作れると非常に役に立ちますので、ぜひトライしてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ