高校の入学祝いの相場は【甥・姪・孫から子供】まで関係性で決まる!

辛かった高校受験も終わって春から高校生になるあの子にお祝いを!

正にこの記事を書いている今年、トクする君の甥っ子の長兄が高校入学することになったんですが、

やはりお金を包むのが妥当だろうけど相場はいくら位なのだろうか

いやでも高校生でもプレゼントっていう手もあるよなあ。でも貰っても嬉しいものなんだろうか

など、自分が高校生だった時代は、遥か遠い昔ということもあって何が嬉しかったんだかすっかり忘れてしまったもので、

大人のエゴで安易に決めてはいけない!と思い立って高校の入学祝いについて詳しく調べた結果をまとめてみました。

あなたも高校生の甥っ子、姪っ子、はたまた孫がいらっしゃって、お祝いについて悩んでいるようであれば、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

高校の入学祝いに包む金額の相場はどのくらい?

高校の入学祝いの金額の相場はその子との関係性によって微妙に違っています。

具体的な相場は、

親戚の場合(甥っこや姪っ子に渡すケース):1~2万円

祖父母の場合(孫に渡すケース):1~3万円

このような範囲に大体収まる感じとなっています。

親戚の場合、自分の子供の入学のときに相手も同じ金額で返そうとしてくることがほとんどなので、あまり大きな金額を包むと相手の負担になることもあります。

そんなことから、お互いに無理のない金額に設定するのが、お互いが気持ちよくお金のお付き合いをするコツです。

一方、おじいちゃんおばあちゃんの経済状況は人それぞれ違っていて、現役で働いている場合や何かしらの収入がある場合、孫のためならと奮発することもあります。

「高校入学という節目だし、義務教育とは別の出費も多いだろうし」と5~10万円の入学祝いを包むおじいちゃんおばあちゃんもいますからね。

また、今までは各種お祝い金やお年玉などは大人同士でやり取りをして、かつお金も管理して、特に本人にはお祝い金を渡していなかったという親御さんも多いかもしれませんが、

高校生ともなると新生活に向けて新しいものを自分で選んで揃えたいというお子さんも多くなってきます。

そんなわけで両親から子供へ高校の入学祝いを渡す家庭も中学に比べると増えて来ます。

この両親から子供に渡す金額としては1万円が相場となっています。

あまり大きい金額を渡してもトラブルのもとになりますので、気持ち程度で小さな学用品や好きなモノを揃えられるくらいの金額で充分です。

高校の入学祝いをプレゼントにするなら!男の子編

高校の入学祝いをお金ではなくてプレゼントにしようかなと思っている方もいらっしゃいますよね。

とはいえ、高校生にもなると、好みもはっきりしてくるので選ぶ方としても、中々難しくなってきます。

お祝いする子供によって個人差はありますが、こんな物だったら喜んでくれるだろうと思うものを、

実際にトクする君の甥っ子の意見を参考にしながらピックアップしてみました。

甥っ子が喜ぶ高校の入学祝いのプレゼント例

中学校まではオシャレに無頓着で、スポーツブランドのマジックテープのバリバリ財布を使っていたあの子も、気が付けばもう高校生。

大学生や社会人になってからも使えるポーターの財布を贈ってみてはいかがでしょうか。

長財布もオトナっぽくていいのですが、制服のポケットからはみ出ますし、カバンの中でかさばりがちなので、オススメは二つ折りの財布です。

金額が1万円を下回っているのが気になるようでしたら、こんな定期入れをセットで渡すのもオススメです。

男の子の孫が喜ぶ高校の入学祝いのプレゼント例

通学で毎日使う自転車は、リーズナブルなママチャリでもいいですが、せっかくならカッコイイマウンテンバイクならテンションも上がるはず!

高校生の男の子ともなると、少しくらいの雨ならばお迎えは頼まずに自力でという子がほとんどなので、

制服が泥ハネで汚れないように泥除け付きのものがオススメです。

高校の入学祝いをプレゼントにするなら!女の子編

男の子以上に、高校生になると女の子へのプレゼントは難しくなります。

絶対NGなのは、大人目線の奇をてらったもの。

お祝いとして上げるのであれば、やはりスタンダードな物からセレクトするのがポイントになります。

姪っ子が喜ぶ高校の入学祝いのプレゼント例

ませな現代の高校生の多くは化粧の経験があります。

化粧をしなくても、カバンの中は手鏡、リップ、こーむ、汗ふきシートくらいは持ち歩いていいる子がほどんどです。

大き目のポーチなら、筆入れ替わりにしている子もいます。

休み時間に机の周りに集まって

「それカワイイ!」

と、持ち物の見せ合いっこをするのも一つの楽しみです。

繰り返しになりますが、お祝いとして上げるのであればシンプルな方が喜ばれます。

凝ったデザインのものは、それぞれ好みがあって嬉しい、嬉しくないとはっきり感じてしまうものですが、

シンプルなものは、良くも悪くも潰しがきくので、意外なほど重宝されるものですよ^^

女の子の孫が喜ぶ高校の入学祝いのプレゼント例

トクする君の姉の子供が高校に入学して一つ驚いたのは、ブランド物の立派な財布を持っている子が多いことだったようです。

少し値が張るものを選んでも、大人っぽいデザインのものを買えば長く使えるのでオススメなんだそう。

その子がカワイイ系なのかカジュアル系なのか、普段のファッションセンスを見ればなんとなく見当が着きますし、

わからなければ、その子の両親に聞いて好みのテイストに合わせて選ぶのがポイントですね。

小学校・中学の入学祝いに関する記事はこちらで書いてます!


高校生になると、通学の方法が変わったり、勉強の内容が高度になったり、

さらに、学校と部活くらいしかなかった生活に課外活動が加わったり、オシャレにかける金額が変わったりとたくさんの変化がありますね。

そのときにどんなものが役立つのか想像しながら、プレゼントをあげるのであれば選びたいですね。

もちろん、現金でお祝いを渡すときにも、伝わるか伝わらないかは別の問題として、

取り巻く環境が大きく変わる子供の気持ちを理解した上で渡すということが、大事なんだなと私も今回感じました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ