機能性表示制度とトクホ・栄養機能食品の疑問を解決しよう!

身体にいいと言われるものはとにかく何でも試したくなるトクする君^^

最近気になる話題は、ずばり、

機能性表示制度です。

機能性表示制度とは、特定保健用食品(いわゆるトクホ)や栄養機能食品に続く、第三の機能性表示食品についての制度です。

・・・いやいや、特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品って言葉自体も微妙

あなたは、そう思われたかもしれませんね^^;

そこで、2015年の4月から施行された機能性表示制度を知る上で、特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品との違いも、この場でしっかりレクチャーしていきます!

スポンサーリンク

機能性表示制度ってなに?

kinouseihyojiseido

これまで、食品の機能性について表示が認可されていたのはトクホと栄養機能食品だけでそれ以外の食品には、その機能について表示することは認められませんでした。

例えばトマトに含まれるリコピンには抗酸化作用があるといった話や、豚肉に含まれるビタミンは風邪に効く、

あるいはサプリメントの効能など、これまでの二つの表示制度だけでは、

「ぶっちゃけ一体、何に効くのか」

「身体のどこに良い成分なのか」

こうしたことが具体的にわからないという不満の声が多くありました。

確かに、身体に良いとは書いてあっても、あまりに曖昧でしたよね…。はっきりと書いてくれたら私たち消費者は商品をより選びやすくなります。

こうした背景もあり、2015年の4月から施行された機能性表示制度で、

安全性や機能性について一定の条件をクリアすれば、体のどの部分にいいのか、またどのように機能するのかを明確に表示できるようになったのです。

特定保健用食品(トクホ)・栄養機能食品と機能性表示制度の違い

では、特定保健用食品(トクホ)と、栄養機能食品と機能性表示食品との違いを説明していきましょう。

▼審査する機関は?

・トクホ

消費者庁が審査、許可した内容ではじめて表示可能になります。

審査にあたってコストや時間がかかるため、正直な所、資金力のある大手メーカーでないと審査を受けること自体難しいというのが現実です。

・栄養機能食品

国が定めた栄養成分の規格基準に一つでも合っていれば、製造業者等が各々の責任で栄養機能食品と表示し、その栄養成分の機能も表示することができます。

・機能性表示食品

消費者庁が定めたガイドラインに従って、

・商品での臨床試験

もしくは

・成分に関して研究論文などを総合的に評価して分析

この結果が基準に達していれば、機能性表示が可能になります。

消費者庁の直接の審査ではなくなった分、中小メーカーや地域団体でも食品の機能性が表示できるという点に注目が集まっています。

▼表示が可能な項目とその例

・トクホ

栄養成分の含有表示が可能です。

ただし、表示が認められている部位は歯と骨、お腹だけ。

「おなかの調子を整える」

「コレステロールの吸収を抑える働きがある」

といった特定の保健用途の表示ができたり、疾病リスク低減表示ができます。

・栄養機能食品

栄養機能食品に、機能表示が認められていない栄養成分について機能の表示を行うことや、ダイエット用食品と表示することが禁止されています。

・機能性表示食品

身体のあらゆる部分に対する栄養成分の含有表示が可能です。

しかし、「高い、低い、低下、上昇」などの断定的な表現は出来ないので、「健康を維持する」「働きをサポートする」「調整する」などといった言葉が使用されます。

▼指定のマークについて

・トクホ

トクホ専用のマークがあります!

tokuho-otya

トクする君が買ったお茶にもついてました。あなたも一度は見たことがあるマークですよね^^

・栄養機能食品

マークはありません。その食品の栄養成分の機能の表示をしています。

・機能性表示食品

マークはありません。その代わり、

商品パッケージに基準をクリアした証である「機能性表示食品」と明記されます。

このように、これまでのトクホや栄養機能食品の定義がいかに曖昧だったか、さらに機能性表示食品制度にも、まだまだ課題が残されていることがお分かり頂けると思います。

機能性表示制度にはどんなメリットがある?

先ほども少し触れましたが、従来のトクホで表示が認められている体の可能部位は、

歯と骨、お腹だけでした。

しかし、機能性表示制度では全身が対象となったため、私たち消費者の目的に応じて、さらに商品(食品)を選びやすくなるというメリットがあります。

また、機能についてもトクホでは認められていない疲労、ストレス、睡眠などの表示も可能になります。

機能する成分がはっきりとし、その機能が作用するために効果的な量を摂取することができるのでしたら、

魚や肉などの生鮮食品や野菜や果物などの農産物にも機能性表示が可能になるのは画期的なことと言えるでしょう。

そのため、高リコピントマトなどの機能性野菜の開発が現在積極的に進んでいます。

同時に、機能性表示食品を販売する企業や生産者は、その機能の根拠となるための研究データや理由などを消費者にわかりやすく公開する義務が生じるのです。

そのため、自分にとって本当に必要な機能のある食品を納得いく形で選びやすくなりますね!

機能性表示制度が適用されるのはどんな食品?

では、具体的に機能性表示制度が適用される食品にはどんなものがあるのでしょうか?

あなたにとって身近な食品から、どういった物が対象になるのかを見ていきましょう。

▼温州みかん

mikan

温州みかんのなかに多く含まれるβクリプトキサンチンは、骨の健康を保つ機能があります。そのため、更年期以降の女性の方に適している効果が期待されています。

▼寒締めほうれん草

horenso

寒締めほうれん草とは、ルテインが多く含まれるほうれん草です。

ルテインはサプリメントから摂取する事が多い成分なので、ほうれん草から摂取できるとなれば自然で良いことですよね!

▼大麦

oomugi

大麦は、食物繊維のなかでも水溶性食物繊維であるβグルカンを多く含みますので、糖の吸収を抑え、正常な血糖値の維持に役立ちます。


このように、身近な食品にプラスαの機能性が認められれば、ブランドとは別の付加価値がつけられるために、今回、施行された機能性表示制度は販売者側からも注目を集めています。

ただ、今までのあなたがそうであったように、特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品も世間にしっかりと浸透したとは言い難い。

表示によって、どこまで私たちが納得できるか、という課題は残されていることは確かです。

でも、一昔前まではチョコレート1かけら(約5g)が28kcalなんて誰も分からなかった訳ですよね。

1人1人が普段口にする食品に対して、今より、もう少し興味を持つことができれば、機能性表示制度の効果も高まるのではないでしょうか^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2 Responses to “機能性表示制度とトクホ・栄養機能食品の疑問を解決しよう!”

  1. ハル より:

    はじめまして。ブログランキングからきました。

    トクホ表示が認められている体の
    部位が歯と骨、お腹だけだとは知りませんでした(汗)
    同じ商品を買うとき、トクホマークがある方
    をやっぱり買ってしまうので、表示効果は
    大きいと思いました。
    これから、機能性表示制度が始まりますが、
    消費者からすれば、過大表現ではなく、本当に
    効果があるものだけをしっかりと表示してくれないと
    買う側としても騙された感が強くなると思うので
    そこはちゃんとしてほしいですよね。

    応援ポチ☆

    • 知って得する君 より:

      ハルさん

      トクする君です!

      コメント頂きまして、
      誠にありがとうございました^^

      >同じ商品を買うとき、トクホマークがある方
      >をやっぱり買ってしまうので、表示効果は
      >大きいと思いました。

      トクホマークがあると、
      値段も高いですし、なんか効果ある気分にはなりますよね(汗)

      買う側にはっきりと目に見える効果は文字では難しいでしょうが、
      機能性表示の導入によって、少し期待できるのかなとも感じています。

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ