肩甲骨はがしのやり方【一人で上手にストレッチをする方法】

トクする君は仕事がら、毎日パソコンに向かう日々。

そのため、同じ姿勢で画面を見続けることによって色々な弊害が増えてきているのも事実。

その1つが肩から背中にかけての慢性的な痛みです。

肩こりからはじまり、最近では、背中の張りと目眩も一緒に起こるようになってきて非常に困っていました。

そこで、2週間に1度、定期的に整骨院に通ってメンテナンスをしている先生に相談した所、

あるやり方を教えてもらったんですね。

それが、肩甲骨はがし!

整骨院では寝た状態で肩甲骨に手を入れて、その名の通り肩甲骨をはがすようにストレッチをしていくのですが、

これって一人ではできないんですか?と聞いたら良い方法を教えてもらっちゃいました。

そこで今回は、この肩甲骨はがしについて詳しく解説していきましょう!

スポンサーリンク

肩甲骨はがしとは

katakorinosikumi

このように環境的な問題のせいで悪化していく肩こり。

肩こり解消法にも色々ありますが、トクする君が今もっとも効くなと感じているのが、肩甲骨はがしです。

ちなみに、「肩甲骨=けんこうこつ」と読みますが、肩をグッと後ろに引っ張った時に盛り上がる骨の部分を指します。

この肩甲骨ってパソコンのキーボードを打っている状態のような姿勢を長時間続けていると、その部分が硬くなっていってしまうようです。

もともとトクする君は身体が硬いので、余計ひどい整骨院の先生に言われてしまったんですが、

その硬くなった肩甲骨をはがしていくようなストレッチをすると肩甲骨付近の筋肉が柔らかくなります。

この肩甲骨はがしを一人で行う時のやり方を教えてもらったんですが、全く同じ方法が動画にありましたのでご紹介しますね。

この動画のように後ろで腕を組んでストレッチをしていくわけですが、

トクする君が最も「効く~!」と感じているのは、

組んだ両手を下に引っ張るような動作をゆっくり5回ほど繰り返す

これですね。

ただし気をつけて欲しいのは、余計な力を入れないことと、痛くなったら無理をしないこと。

できる範囲で毎日続けると、次第に柔らかくなっていくのがわかりはじめます。

私も肩こりはだいぶ解消されて、背中の張りは完璧じゃないですが、目眩はだいぶ軽減されてきたので続けています。

そもそも肩こりってどうして起こるの?

肩甲骨はがしのやり方をマスターして継続していけば、肩こり解消にもつながるとトクする君はリアルに感じてますが、

ふと、「そもそも肩こりって何で起こるんだろう」と感じたので調べてみました。

日本語では肩こりと言われる英語では「Stiff neck=堅くなった首」と表現されます。

つまり、日本では肩にフューチャーされがちですが、諸外国では、首や背中の疾患として捉えられることが一般的となっています。

この症状に対する原因には諸説あるものの、確定的な診断方法や治療法はなく、腰痛などと並んで不明な点がとても多い疾患となっている。 一説では、同じ姿勢をとり続けるなどして頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こる。それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられている。

(ウィキベディア出典:肩こり

このように周辺の筋肉のダメージによって肩がこったり、張ったりして痛かったり、気持ち悪い、あるいは頭痛を引き起こす症状につながります。

特にストレス物質と大きく関係していることから、近年のストレス社会の病気としては決して目を背けることができない現代病の1つ。

特に、これまで全く症状のなかった人が、

  • 社会人になってから突然肩こりになった
  • 子育てがはじまってから肩が重くなった
  • デスクワークの仕事についてから症状が出るようになった

という環境の変化によって発症するものであることも知られています。

とはいえ、ヘルニアのような手術で取り除けば解消される肩こりよりも、圧倒的に慢性的な披露からほこる障害が多いため、これといった確実な治療法がないのが困ったところ。

私も肩こりから発展して、背中から腰痛まで悪化の一途を辿ってしまったんですよね。


肩こりや腰痛はとにかく慢性的になりやすく、一時はよくなってもまた再発を繰り返します。

環境が変えられれば解消もできるんでしょうけど、そう簡単にできるものではないですよね。

そんな時は肩甲骨はがしでストレッチをするといった、普段の生活にプラスした変化を取り入れるようにしていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ