インフルエンザの予防接種は抗体効果から逆算して考えよう!

毎年インフルエンザが流行るのは、毎年12月~3月あたりになります。

皆さんは毎年行われるインフルエンザの予防接種は受けられていますか?

一度発症すれば、学校はもちろん、仕事も強制的に休まなければならないため、会社によっては予防接種が義務付けられてることもあります。

トクする君が以前勤めていた会社でもそうで、

もし、予防接種を受けずにインフルエンザを発症したら「クビ」((((;゚Д゚))))

という、本当か嘘か分からないお達しが上司から降りてきたこともあったほど(汗)

まあ、そうでなくともインフルエンザにかかると、とにかく辛いのは間違いありませんし、家族1人が罹ると家族全員にうつってしまう可能性も高いですからね。

今回は、そんなインフルエンザを未然に防ぐための唯一の手段となる、予防接種について詳しく調査してみました。

スポンサーリンク

予防接種はいつまで効果があるの?

予防接種を受ければ今日からもう安心!そう思われる方も多いと思いますが、

インフルエンザの予防接種の効果は、利き始めるまでに1~2週間かかります。

ご存知でしたか?そして、効果の持続期間はおよそ3~4ヶ月。

毎年、11月頃から予防接種を受けはじめる方が増えてきますが、ちょっと早いと私は感じます。

12月上旬に予防接種を打てば、年末までには抗体が作られ、3月一杯まではほぼ確実に効き目が持続する。

とくに冬が寒ければ寒い年ほどインフルエンザの流行期間は長くなってしまうため、早く接種しすぎるのは危険です。

インフルエンザの予防接種は何歳から受けられる?

child-yobousessyu

インフルエンザの予防接種を受けれるのは、生後6ヶ月以上となっています。

ただし、

1歳未満の子どもはワクチンが効くという証明がされていない

これってかなりお母さんとしては悩みどころですよね^^;

また、生後6ヶ月から12歳までは2回ずつ接種する必要があります。

時期としては、11月を目安に1回、そして4週間以内に2回目を接種するスケジュールが良いですね。

インフルエンザの予防接種の副作用ってあるの?また、予防接種してはいけない人は?

ninpu-yobousessyu

インフルエンザの予防接種でもう一つ心配なことは、副作用。

注射したところが赤く膨れてしまうという現象はよく見られ、誰でも起こりうる可能性がある反応ですね。

これは副作用というより、抗体がしっかり作られているという印でもありますので、さほど心配することはありません。

ただ、

ワクチン接種後に発熱や頭痛、体がだるくなる

こうした症状が出る場合もあります。

接種時の体調による所が大きく、大体2~3日で治まってきますので、予備知識として持っておけば、不安にならず適切な判断ができますね^^

では、

あなたが妊婦さんだったとしたら???

お腹の赤ちゃんに問題はないのかな。。。?と心配になるかと思います。

結論から申し上げると、

妊婦さんでもインフルエンザにの予防接種は大丈夫!

インフルエンザのワクチンは、死んだウィルスで作られているので毒性は一切なく、

そのため、妊婦さんが予防接種しても赤ちゃんへの影響は極めて低いというのが科学的見解です。

それよりも、妊娠中にインフルエンザになってしまった方が胎児への負担は大きくなりますので注意してくださいね。

インフルエンザの予防接種の金額の相場と助成などで値段を安くすませる方法

予防接種は健康保険の適用外ですので、実費で払う形となります。

そして、不思議なことに、ワクチンは同じでも病院によって予防接種の金額が違います。

平均的すると、1回2,000~4,000円

となっています。

12歳までのお子様は2回接種する必要があるので、対象年齢の場合、2回目が割引される病院も多いですね。

また、インフルエンザ接種には任意接種のほかに、高齢者らを対象にした法定の定期接種があります。

任意接種は原則として全額自己負担ですが、定期接種の対象者は、接種費用が自治体によって公費負担される場合があります。

また、対象者以外でも独自の助成が行われている場合もありますので、まずはお住まいの自治体の助成制度を確認してみてくださいね。

お住まいの自治体に助成制度がなかったとしても、健康保険組合や国民健康保険組合、共済組合において接種費用助成が行われている場合もあります。

「インフルエンザ予防接種助成金申請書」等に必要事項を記載し、領収書を添付して申請するのが一般的ですが、

必ず領収書の原本を貼付すること

レシートでは不可ですし、領収書のコピーの貼付でもダメなので、ここは注意してください。

領収書には、

①接種を受けた人の氏名

②「インフルエンザ予防接種」という記載

③接種年月日

④接種金額

⑤医療機関名および医療機関の領収印

以上の項目が必要となります。


インフルエンザになってしまう原因のほとんどは、インフルエンザに感染した人のくしゃみや堰などからの飛沫感染。

また、発症までの潜伏期間は1~5日間かかり、厳密には、どの時期でも発生する可能性のあるウイルスです。

私がこの記事を書いていた5月でもトクする君の地域ではインフルエンザが流行していました(汗)

13歳以上の接種は基本的に1回の接種でOKとされていますが、

最近では、

2回接種した方が高い効果が期待できるというデータもあります

とくに受験生のお子さんがいる場合は、家族全員2回接種するというのも、選択としてはアリかもしれませんね^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ