インフルエンザA型とB型の違いって?症状が異なる予測困難なウイルス

感染力が強く、かかると本人も周りも大変なインフルエンザ。

今年も小学校の息子が持ってくる先生からの連絡帳や学級だよりに、

「今年は学内でB型が流行っているので気をつけてください」

と書かれていた矢先に嫁がA型にかかってしまう事態になるなど、

インフルエンザA型とB型の違いってなんなんだ!?

と思う機会が度々あったため、せっかくなのでインフルエンザのA型とB型の違いについてまとめてみました。

ちなみに、インフルエンザはA型、B型の他に、C型もあるのをご存知でしたか?

C型はA型やB型に比べると症状が軽くて風邪に似ていることもあって、医師でも初診で判断するのが難しいと言われています。

そのため、一般的にインフルエンザと言えば、A型かB型を指すケースがほとんどとなっています。

よって、ここではA型とB型の違いについて詳しく解説してまいりたいと思います!

スポンサーリンク

インフルエンザA型の症状とは

Influenza-ab

A型もB型も症状には共通してこんなものがあります。

・体の奥からくる寒気

・発熱

・頭痛

・くしゃみや咳

・鼻水

このように、一見すると普通の風邪と症状が似ています。

では、これらのA型とB型の共通の症状を踏まえた上でA型インフルエンザの特徴を見ていきましょう。

A型インフルエンザは毎年流行がささやかれる最もポピュラーなインフルエンザと言ってもいいですね。

人以外にも鳥や豚、馬などの動物にも感染すると言われています。

流行する時期は11月~2月で、真冬の時期が中心です。

A型インフルエンザの大きな特徴は、

38~40℃の高熱が一気に出る事と、咳や喉の痛みなどの気管系の症状

が出てくることです。

また、関節や筋肉の痛みを強く感じやすいというのも特徴の一つです。

インフルエンザB型の症状とは

一方でB型インフルエンザはA型インフルエンザとは違い、

毎年ではなく数年おきに流行がみられるインフルエンザという特徴があります。

といっても、全国的な話なので地域レベルで見ていくと、毎年どこかでB型が流行っているっていうのは普通にあります。

流行の時期は2月~3月と冬から春先にかけて感染しやすいと言われています。

A型インフルエンザは動物にも感染しますが、B型インフルエンザは人にしか感染しません。

そして、

37~38℃の熱でA型ほど高くはありませんが、胃の痛みや下痢など、消化器官に関する症状が出やすい

というのが大きな特徴となります。

下痢や嘔吐といった症状は、ウイルスと体の外に排出するための反応でもあるため、下痢止めなどは服用しないようにしたほうがいいという声も聞かれます。

下痢と汗で、たくさんの水分が体から失われるということもありますので、こまめに水分補給を心掛けましょう。

インフルエンザを予防するための予防接種について

このようにA型は気管系の症状が現れやすく、B型は消化器系の症状が現れやすいということが分かりました。

ただ、どの年にどちらの型が流行するかは非常に予測が困難なものです。

そのため、インフルエンザの予防接種は、その年ごとに、どの型のインフルエンザが流行るかの予測を立てて製造されています。

インフルエンザにかかると学校や職場から出席停止を命じられることもあり厄介ですが、

A型とB型のワクチンは種類が違いますし、各々の型の中もウイルスの種類がたくさんあるので、

予防接種を受けたからといって100%インフルエンザを防げるわけではありません。

【インフルエンザの予防接種は、この記事をチェック!】

⇒ インフルエンザの予防接種は抗体効果から逆算して考えよう!

「なんだそんなこと!」と思うかもしれませんが、

●うがい手洗いをまめに行う

●外から帰ったら消毒を心掛ける

●マスクを着ける

といった基本的な対策を行って、ウイルスを極力体に入れないようにするのは本当に大切なインフルエンザ対策です。

インフルエンザの種類と特徴を知って、かつ予防接種や日々の対策をきちんとすれば、インフルエンザにかかる可能性を低くすることはできます。

その上で感染してしまうのは致し方無いことなので、その場合は上記症状から推測して早めに病院へ受診するようにしてくださいね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ