カビ肺炎に要注意!エアコンに潜む咳や喉の痛みの原因とは?

夏風邪ってこじらせるとひどくなるって昔から言われていますが、

別の記事で以前にご紹介したプール熱や手足口病といった、ウイルスが原因となって爆発的に広まるケースがよく見られます。

こうしたウイルスとは別に夏時期に発症する可能性が高くなる病気があるのをご存知でしょうか?

それは、カビ肺炎と言われるもの。

正式には「夏型過敏性肺炎」というもので、夏時期に咳が止まらなくてだるい症状が続くようであれば、この病気を一度疑って頂きたい。

そんな、こじらすと非常に厄介なカビ肺炎について詳しく解説してまいります。

スポンサーリンク

カビ肺炎ってなに?

カビ肺炎と呼ばれる過敏性肺炎には何十種類ものタイプがありますが、その4分の3を占めるのが夏型過敏性肺炎と言われています。

この肺炎は身の回りにある台所・浴室などに繁殖している

トリコスポロンというカビ

これを知らず知らずのうちに吸い込み、体内でアレルギー反応を起こして発症する肺炎のことをいいます。

主に6月頃から10月頃までの夏に多く発症することから、「夏型過敏性肺炎」と呼ばれています。

カビ肺炎の原因となるトリコスポロンとは?

torikosuporon

カビ肺炎の原因となる物質は酵母カビの1種であるトリコスポロンです。

この菌は温度が20℃以上、湿度が60%以上の高温多湿な環境が大好き

そのため、夏になると西日本を中心とした高温多湿の地域によく発生します。

この菌は昔は古い家屋などの湿気が多く、日当たりや風通しが悪い場所でよく繁殖しましたが、

最近では、

マンションの気密性の高さが、カビの繁殖に適した室内環境をつくる要因

となってきていますので、新しい家だから大丈夫というわけではありませんので、余計に注意が必要です。

一般的にカビがよく発生しやすい場所は、

・台所や洗面所、風呂場、濯機置き場近くの床などの水回り

・北側の押入れや窓のサッシ回り

・畳やすのこのなどの腐木

ここらへんがかんがえられますが、

最も菌が繁殖しやすく、かつ拡散してしまう場所はエアコンです。

エアコンの内部には湿気が溜まりやすく菌の繁殖場所となりますので、

夏に限らずエアコンを一年中使用する家庭では、ほぼ一年中、過敏性肺炎に注意が必要なのです。

トリコスポロンの胞子はとても小さいので簡単に飛散しやすいため、エアコンが発症の原因となる可能性が非常に高くなります。

カビ肺炎はどんな症状?

caugh-men

目に見えないトリコスポロンが肺の中に入り込んでしまうと一体どんな症状が出るのでしょうか?

人によって程度やその時の抵抗力によって差はありますが、

喉の痛みと咳

これが基本的な症状で、加えて発熱を伴うことから風邪と間違ってしまうケースも多いです。

ひどくなると食欲が落ちたり、子供の場合ですと夜中に咳が止まらなくなってしまうといった症状もでてきます。

鼻水は出ないですが、喉のイガイガ感から咳が続き、階段を上る時に息切れがしたりと夏バテとも思えるだるさが続きます。

ただ、風邪とは違うので、菌のそばから離れるとすぐ症状が無くなってしまうんですね。

例えば、家にいる時は辛いのに、旅行や帰省、出張などで、自宅以外の場所に何日か滞在したときは、咳がほとんど出ない。

もっと言えば、職場に居る時は何の症状も出ないのに、自宅に戻るとタンが出るというような場合には夏型肺炎の初期症状である可能性が高いです。

また、初めて夏型のカビ肺炎を発症した人は、

夏の終わり頃に咳や38度前後の熱が出やすい傾向があります。

これは急性の症状で、この段階ではX線検査では影が出にくく、病院でも見過ごされることがよくあるんですね。

さらに、慢性化して肺の機能が弱まると、菌がいなくても咳が出やすい状態となりぜんそくなどと間違えられることもある恐い病気でもあります。

完治させないと毎年この菌の胞子を吸い込むたびに発症するため、夏になると毎年咳が出るという方は一度病院で精密検査をすることをおすすめします!

カビ肺炎を予防するには日頃の掃除が大切!

このように家の中のカビ菌が原因であるカビ肺炎。

予防と再発を防ぐためには、何よりも環境改善が一番大切です。

毎日、家の湿気が溜まりやすい場所の換気や簡易てきな消毒をして清潔な状態を保っておくことが大事。

また、エアコンも季節の変わり目の使い始めの際は、必ず掃除をすることを心がけてください。

エアコンの掃除法についてはこちらで記事にしてますので、ぜひ参考くださいね^^

エアコン掃除の効果的な方法は?自分で臭いとカビを撃退しよう

暑い夏はとにかく抵抗力が落ちやすく、様々な病気にかかりやすい季節です。

カビ肺炎もその1つですが、身の回りを清潔にしておくことで防げますので、防げる病気は未然に防いでおきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

8 Responses to “カビ肺炎に要注意!エアコンに潜む咳や喉の痛みの原因とは?”

  1. あかさたな より:

    エアコンメーカーもフィルターお掃除機能とか役に立たないものに力を入れずファンを簡単に脱着できて水洗いしやすいような構造にしてほしい。
    カビがでるのはフィルターでもフィンでもなくファンなのだから。

    • 知ってトクする君 知ってトクする君 より:

      あかさたなさん

      コメントありがとうございます!

      仰るとおり、もっと簡単に
      エアコン掃除できるようにしてもらいたいものですよね^^;

      そうしたら、カビ肺炎の防止にもつながりますものね。

    • 匿名 より:

      本当にそう思いますが

      昨日分解して掃除したらファンだけ
      はずしにくくなってて
      なんか悪意すら感じました

      冗談じゃなく
      学校の授業でエアコンカビのこわさ
      エアコン掃除の仕方とか教えた方がいいと思います

      • 知ってトクする君 知ってトクする君 より:

        コメントありがとうございます!

        >冗談じゃなく
        >学校の授業でエアコンカビのこわさ
        >エアコン掃除の仕方とか教えた方がいいと思います

        おっしゃるとおりですよね。

        業者さんの利益確保もわかりますが、
        これだけ生活に密着している家電でもありますし、

        健康への影響も心配なので、
        最低限の防止策は個人でできるようにして欲しいものですね。

  2. 清掃中 より:

    最近エアコンのスクロールファンのカビを一つずつ綿棒で削ぎ落としました。様々な洗浄剤試しましたがカビ抑制レベルのみで話になりません。皆さんもスマホのライトでスクロールを照らして確認してみて下さい!カビ発生機と呼んでもいい機械です。家電のレベルが低くて終ってます。

    • 知ってトクする君 知ってトクする君 より:

      清掃中さん

      コメントありがとうございます!

      カビ発生機

      正にこの言葉がピッタリなほど、
      エアコンはカビだらけですよね^^;

      色々な事情があるかもしれませんが、
      もう少し私たち一般人が清掃しやすい構造にしてくれると、

      本当に助かるのですが。。。

  3. まさに! より:

    ここ最近自然に胸の痛みや、咳き込むなど体がだるかったのですが(エアコン)の怖さがよくわかりました。暑い次期、寒い次期にエアコンには頼りぱっなしです。

    身近にエアコンの掃除のプロがいたら即派遣したい(笑)

    • 知ってトクする君 知ってトクする君 より:

      まさに!さん

      コメントありがとうございます!

      我が家も夏時期は24時間フルで稼働しているので、
      今みたら、もうカビで真っ黒でした(泣)

      本当に知らないで吸い込んでいると思うと恐いです。
      体調お気をつけ下さいね!

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ