前髪のくせ毛を何とかしたい!あなたが見直すポイントとコツ

毎朝くせ毛に悩まされる、もううんざりですよね。

サイドは極端な話、束ねればなんとかなるけど

どうしようもないのが前髪!

とはいえ「縮毛矯正したいけど高いし…」と悩まれていませんか?

ここでは、そんなあなたに前髪のくせ毛をどうにかする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

くせ毛の前髪の直し方のコツは?

curly-forelock

まずは、くせ毛の性質を知ることが大切ですね。

くせ毛は直毛に比べ乾燥しています。

そのため、湿気の多い梅雨には空気中の水分を吸収しやすく、くせが強くなるわけなのです。

つまり、くせ毛というのは、髪が常に水分を欲しがっていることから起きる現象なわけです。

であれば、空気中の水分を吸収しないで良いくらいに、たっぷり保湿をしてあげる事が解決策の第一歩です。

最近では、髪を保湿してくれる商品はたくさんありますよね。

まずは普段使用しているシャンプー、コンディショナー、トリートメントを保湿性の高い成分のタイプに変えてみましょう。

また、シャンプーにはアミノ酸が含まれているもの、トリートメントには天然植物オイルが含まれているものがおすすめです。

こうした普段の髪への気遣いの積み重ねが、徐々にくせ毛を抑える効果を生みます。

ドライヤーを使ったくせ毛前髪の乾かし方

普段使っているシャンプー類を見直したら、お次はヘアケアを見直しましょう。

タオルドライの仕方

まずは、お風呂上りのドライヤーで乾かす前に大事な

タオルで髪をゴシゴシ拭いちゃってないですか?

くせ毛は特にキューティクルが剥がれやすいので、優しくポンポンと包むように拭いてあげてましょう。

ドライヤーを使う時間を減らすために、しっかり水分をふき取ってください。

ドライヤーのかけ方

タオルドライが終われば、ドライヤーにうつります。

近づけすぎないように風をあててください。

そして、重要なのが、

ドライヤーをあてる角度は上からあてること

下からあてると髪が広がってしまうので、根元から中間へ向けて風をあて、毛先は特に傷みやすいのであまりあてないようにしましょう。

最後は冷風をあて、ドライヤーをかけた直後のまっすぐな髪をキープしてあげてください。

ヘアアイロンを使っている人は

朝のごわついた髪をアイロンで直している人も多いですよね。

アイロンは綺麗にまっすぐにしてくれますが、とても髪を傷めてしまいます。

そこでアイロンの代わりに私がおすすめするのがコチラ!

ツインブラシとも呼ばれていて、アイロンのように髪をはさめるぶらしになっています。

外からドライヤーで熱をあて、ゆっくり下へおろしていくと、髪がまっすぐになるのです。

これはとてもおすすめで、トク子も愛用しております^^

アイロン後ほどまっすぐにはなりませんが、髪を傷めずに自然なストレートに仕上げてくれますよ。

くせ毛の前髪を上手に見せる切り方のコツ

次は、くせ毛前髪を上手にセルフカットする方法です。

前髪だけを切りたい時に毎回美容室に行くのって面倒だし、お金ももったいなく思いますよね。

だったら、思い切って自分で切っちゃいましょう!

ただ、くせ毛だと、セルフカット後に前髪がはねやすくなってしまったという方も多いですよね。

その原因は、

すきすぎて軽くなり髪と髪の間に隙間ができてしまうから

なんです。

隙間ができるとくせ毛の髪はたちまちうねりを伴ってしまいます。

そのため、あまりすきばさみは使わずに、重めに仕上げるのがくせ毛前髪のセルフカットではポイントとなります。

★もっと詳しく前髪のセルフカットを知りたいあなたには!

⇒ 前髪のセルフカットを「ぱっつん・斜め」と自由自在に切るコツ

また、前髪をアイロンやストレートブラシでまっすぐにする時、短すぎるとおでこから離れて浮いてしまったりするので、

目と同じくらいの長さにカットして、セットのときに目にかぶらないように少し内巻きにしてあげると自然な前髪をつくれます。


トク子もそうですが、くせ毛だと何とかストレートにしたいという思いが強すぎて、逆に失敗するケースが多くなってしまうんですよね。

昔とは違って、パーマやふんわりした髪型は、最近では「普通」なんです。

そのため、

「思った通りに自分のくせ毛を生かす方法」

これを考える事が、くせ毛と上手に付き合っていくポイントですよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ