Apple WatchとiPhoneの違いと連携機能に驚愕!

最近CMやニュースでも度々耳にするApple Watch

ただの腕時計でないことくらいはあなたも知っているかと思います。

ご存知アップルが2015年4月24日に発売開始したiPhoneに次ぐ最新デバイス。

といっても、まだまだApple Watchの機能を知らない方も少なくありません。

そこで、今回はiPhoneとの違いを見ていきながら、Apple Watchについて詳しく理解を深めていきましょう!

スポンサーリンク

Apple Watchとはまずどんな機能がある機器かを知ろう

applewatch

それでは、Apple Watchは具体的にどんな機能があるのかについて説明していきましょう。

まず、Apple Watch単体では直接ネットに繋ぐことはできない

これがiPhoneとの大きな違いです。そのため、Apple Watchだけで通信料や月額料がかかることはありません。

そのため、Apple WatchはiPhoneなどのiOSデバイスと連携して利用するウェアラブルデバイスと呼ばれる機器になります。

メガネタイプのグーグルグラスがウェアラブルデバイスの火付け役とも言える機器になりますね^^

つまり、ウェアラブルデバイスとは、

持つデバイスではなく、常に身につけることが出来るデバイス

という意味を持ちます。

Apple Watchに内臓されているセンサーでは、アクティビティログを取ることができるようになっています。

例えば、手首につけるので心拍数や血圧、体温までも測れてしまうんですね!

また、アプリについては、iPhoneとは異なるApple Watch専用のアプリが作られていきます。

操作方法は、画面のタッチはもちろん、デジタルクラウンと呼ばれるリュウズでくるくる回して拡大や縮小も出来ます。

そしてApple Watchのウリとなるのが、

iPhoneとの連携で、さまざまな遠隔操作が可能になること

iPhoneにかかってきた電話を取ったり、SMSのチェックや各種通知のチェックなどが出来るのはもちろん、

腕を持ち上げるとディスプレイが点灯し腕を下ろすとロック状態になるんですよ。すごすぎますね(^^;)

iPhoneとApple Watchの相関性

apple-iphone

このようにApple Watchは、基本的にiPhoneと一緒に使うことで機能するスマートウォッチです。

発売時点の2015年で対応機種はiPhone5、iPhone5c、iPhone5s、iPhone6、iPhone6Plusの5機種のみです。

裏を返せば、

iPhoneを持っていないとApple Watchを購入してもまったく意味がない

これには注意が必要ですね。

現段階で、スマホであればなんでも連携できると思っている人はゼロではないのも事実・・・(汗)

では次に、

iPhoneとApple Watchは常に肌身離さず持ってなければいけないのか?

これも気になるところですが、最初にアクティベート(初期設定)すれば、iPhoneがなくてもApple Watchの一部の機能が利用できます。

例えば、外出するときにApple WatchはしてきたけれどiPhoneを忘れたときや、ランニングをする時など、

時計や運動系アプリ、転送済みの音楽を聞くオーディオプレーヤーとしてはちゃんと使えるようになっています。

ただ、モバイル通信をする時はiPhoneが近くにあってペアリング(同期)していないと利用できません。

●メッセージや電話の着信をApple Watch側で受ける

●コミュニケーション機能を利用する

●マップアプリでユーザーをナビゲートする

といったことはiPhoneが近くにないと使えません。

この点の利便性について、どこまで世間に受けいられるかが、今後の注目となりそうですね。

Apple Watchの種類について

このようにiPhoneとの連携が魅力のApple Watchですが、

現在では、

スタンダードモデル(38mm・42mm)のApple Watch

全部で20モデルあります。値段については2タイプの大きさ、バンドによって異なります。

スポーツ向けのApple Watch SPORT

全部で10モデル。2タイプの大きさで6,500円の違いがあり、バンドはどの色でも同じ値段です。

18金仕様のApple Watch EDITION

全部で8モデルあります・・・が最安モデルで140万円…。プレミア仕様です^^;

この三種類が発売されています。

最も安いApple Watch SPORTの38mmで4万2,800円ですが、高機能な腕時計と考えれば決して高額とは言えないかもしれませんね。

Apple Watchを買うメリットは果たしてあるか?

このように世間の注目を集めているApple Watchですが、冷静に見ると課題も多く残されていることがお分かり頂けたと思います。

ただ、純粋に腕時計として考えてiPhoneと連携させることで機能の幅を広げていきたい方には購入するメリットは十分あります。

また、これからApple Watch専用のアプリもどんどん増えていくことは確実ですからね。

iPhoneも発売当初は「すごい!」と言われつつ、完全に浸透したと言えるのはiPhone4くらいからですからね。

そう考えれば、少し長い目で動向を見ていく必要がありそうですね。

発売当初のAppleファンの熱気は一段落したので、これからのApple Watchニュースが楽しみになりそうです^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ