下腹ぽっこりを何とかしたい!原因から紐解くダイエット法

なぜかそんなに太っているわけではないのに、下腹だけがぽっこり出ているっていう悩み…。

これって男女ともにあるかと思います。

いくらダイエットしても下腹がへこまない。。。

実は、ぽっこりお腹の原因は単に脂肪がついているとは限らないんですよ。

今回は下腹を集中的にダイエットするにあたって、原因をしっかり掴んだ上で、

効果的に無駄なくポッコリ下腹をへこませる方法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ポッコリ下腹の原因は?

fukubu-diet

悩めるぽっこり下腹の原因は、単に脂肪がついているという以外にも、実に様々な原因があることをご存知でしょうか?

お腹の冷え

おへそから下の部分のお腹が冷えやすいのを知っていますか?

下腹が冷えていると内臓を守ろうとするために皮下脂肪が付きやすくなり、むくみやセルライトの原因にもなるんです。

こんな冷えが原因でむくんだり、脂肪がついてしまった場合には、

食事制限ではなく、

●姿勢を正して血行を良くする

●温かいものを飲むように心がける

など、おなかのマッサージや腹巻などで温めるなど日々の積み重ねが大切となります。

腸の機能低下

腸の中の環境が悪くなり、腸内に汚れや悪玉菌が増えてしまうと腸の粘膜が過敏になることによって、

アレルギー反応を起こし、腸が腫れたような状態になり、ポッコリお腹に見えるということもあります。

腸が原因の場合は腹筋を鍛えたりカロリー制限をするだけでは効果は現れません。

整腸作用のある食べ物などを取り入れ腸内環境を整えるように意識しましょう。

便秘

腸の中にとどまっている便やガスで腸が膨らみ、おなかをぽこっと出させてしまう方もいます。

おなかが張ったり、お通じが数日もないなど、自分でも気づく人は多いと思います。

繊維質や水分のほかに適度な油分も取り入れることが便秘を緩和するためには必要です。

骨盤のゆがみ

骨盤のゆがみはむくんだり太ったりしやすいだけでなく、下腹ぽっこりの原因にもなります。

ゆがんだ骨盤は開閉がスムーズに行われず、開きっぱなしで固まっていることもあります。

すると、内臓が正しい位置にとどまれず、下へ下がってしまうので下腹がぽっこりと出て見えるようになります。

とくに足を組んだり、悪い姿勢でいる方は注意が必要です。

下腹の引き締めに骨盤矯正は効果がある?

このように、ぽっこりお腹の原因として考えられるのは疾患によるものと骨盤の歪みが関係しているものがあります。

疾患的なものは、むしろダイエットは逆効果ですので、生活環境の改善や早めに病院へ受診するのが賢明です。

そうではない場合は、骨盤のゆがみがぽっこり下腹の原因となっているのが濃厚ですので、

骨盤を元の位置に戻す骨盤矯正をすれば、内臓が元の位置に戻りますので自然とすっきりとした体になります。

骨盤矯正は整体に通い続ければ改善されますが、なかなか時間の取れない方は自宅でできるエクササイズを取り入れるのも1つですね。

さらに、矯正後も正しい位置に戻った骨盤ををキープする為には骨盤を支えている筋肉を鍛えてあげる必要があります。

そうすれば、また骨盤がゆるんで内臓が下垂してくるということはなくなります。

そして筋肉を鍛えることにより代謝がよくなり、ダイエットに相乗効果が期待できるようになります!

男性必見!簡単下腹エクササイズ

では、骨盤を正しい位置に保つための男女別におすすめする筋力トレーニングをご紹介していきましょう。

まずは、男性の下腹に効果が期待できるダイエットのエクササイズをご紹介いたします。

お風呂上りや、テレビを見ながらできますので習慣にしてみてください!

●STEP1

両手を広げて仰向けに寝そべります。足は揃えて伸ばしましょう。

●STEP2

両足を90°になるまで上げます。そしてゆっくり下げます。上げる時も、下ろす時も下腹に意識を集中してゆっくり行いましょう。

これを、最初は一日10回を目標にしてどんどん数を増やしていきましょう!

女性にはコレ!下腹エクササイズ

次に、家事などで忙しい女性には、比較的簡単に出来るエクササイズを無理なく継続することが大事です。

その効果的なエクササイズをご紹介しましょう。

●STEP1

姿勢を正してまっすぐ立ちましょう。親指と人差し指で逆三角形をつくりおへそのあたりに添えます。

●STEP2

息を大きく吸ってからいったん止めて、下腹を意識して力を入れながらへその下のお肉が背中に付くほどの力でひっこめます。

●STEP3

これ以上ひっこめれないという所で6秒キープします。

●STEP4

次に、手でお腹を押して、お腹が出てこないようにしながらゆっくりと息を吐いていきましょう。この時も、下腹を出さず、おへその上のお腹もひっこめていくようにして息を吐ききりましょう。

このエクササイズを毎日3回~5回繰り返していると、早くて2週間から3週間で下腹が引き締まってくるのを体験できるはず!

また毎日いつでも下腹をひっこめるように意識をしておしりもきゅっと締めて姿勢をよくしているだけでも変わってきます。ぜひお試しくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントお待ちしています♪(名前はペンネームでOKです)

CAPTCHA


★記事がお役に立ちましたら、是非ポチッとください♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ